Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Klondike こんな感じらしい。 

 

Tim Roth on the set of Klondike


ちょっと前に記事にしました、Klondike
我が家ではディスカバリーチャンネルは見られないようなので私がこれにお目にかかれることがあるかどうかわからないですが、誕生日にもつぶやかなかった(誕生日にはツイッターに出てくるかと思ったんだけどなぁ)ティムさんは、最近こんな感じらしい。

そして・・・Klondikeとはなんの関係もありませんが・・・

・・

・・・


・・・



・・・


「それ、挟むの手伝っていいですか・・

なんならいっぱい持ってきますけど」・・とか思ってしまったこれとか。



洗濯バサミでセクシーって

なんか、新しいジャンルだな。



スポンサーサイト

category: ちょいちょいティム・ロス

tb: 0   cm: 2

△top

1961年は丑年です。Tim Roth's Rebirth of Slick  

 

ということで、まぁ、1961年の今日、ティムさんが生まれたのだねぇ。
丑年生まれだねぇ。


thanks timrothtutorial:)

category: ちょいちょいティム・ロス

tb: 0   cm: 2

△top

Nice to meet you. Pinocchio♪ 

 


love it! :):):)

曲も懐かしいーーーー(年がばれますが(^_^;))
ドモアリガトMrロボット マタアウヒマデ~~~~。うん、今でも歌詞ほぼ覚えてる(笑)



こちらは本物、Styxの "Mr. Roboto" PV


StyxのMr. Roboto訳を載せてくださっているブログ。有名な曲なのでいろんな方の訳がありましたが、この方のが好きでした。


たくさんの洋楽の歌詞を訳してくださっている洋楽雑記帖さまTOPはこちら

category: Trekkie

tb: 0   cm: 0

△top

The Fort 

 

なんてーーーこったい!!!

毎日毎日、ジェイク情報はナシで
ホワイトハウス・ダウンもフル予告動画出ましたけども影も形も見えずドヨヨンとしてたんですが・・
見つけましたよ、奥さん!!!

新しい作品ではないんですが、IMDBの中で役名もなくちっこく記載されてました「The Fort」のフルムービー。
フルったってそもそもショートショートムービーで11分程度のものですが、
役名ないのでちょい役かとおもいきや、観てみればなんとなんと主役じゃん!!!

きゃーーーーーーー、でございます。

そしてこの作品、なんかとっても好きだ。

難解というわけでもないのですが雰囲気動画と言いますか・・・、最後はどうなるんだろうなんてことを予測しながら見ると、え?これで終わり?とか思いがちかもしれません。
んが、ですよ、
"fort"とは、要塞とか、砦、という意味でして、また、 白人と北米先住民との交易所という意味にも使うようです。そのタイトルを頭に入れてから見れば、これがまたなんともかんとも良いのでございます。

開始3分は男の子がただ一人で映ってるだけですが、その後はずっとジェクが出てます。
贔屓目かもしれませんが、この得体のしれない作品をとてもよく演じていると思うのです。あぁ、やっぱいい役者じゃねぇか、なんて思っちゃうのですよ。

というわけで、前置きが長くなりましたが、それくらいお気に入りになっちゃったわ、ということで。
どうぞ!!

The Fort


英語わかんないし、と思ってらっしゃる方もおれれるかもですが、
別にたいしたことは話してません。映像観たままの流れです。
男と男の子が森の中の小川の淵で出会って、
二人で家を作って別れる。
男は家に帰る、家では妻が食事を作って待っている。
それだけ。

たったそれだけなのに、懐かしくて悲しくて虚しくて息が苦しい。

役名もなく the man としか表記されていないジェイク演じるこの男。
彼にとっての砦は、妻が食事を用意して待つ家ではなく、やはり枝で作ったあの砦なのでは、と思わされます。
彼はこの後、あの砦に再度赴くのか、それとも二度と訪れることはないのか。
彼はあの砦で、何を守り、何から逃れるのか。
あの男の子とまたあの場所で会うのか、そこで何が起きるのか・・、それとも二度と会うことはないのか。
彼はなぜ、妻に男の子と会ったことを話さないのか・・・。

うむ、なかなかいい感じ。
fort


こちら、元サイトに行くと、動画の下に称賛コメントがたんまりあるのを見ることができます。

ちなみに、fortの語源はラテン語の FORT「力強い」

fortitude 剛勇; 堅忍不抜,不屈の精神.
comfort 力づける,元気づける
efort 努力,奮闘
などなどを見ると、fortの感覚がわかる気がするのですが、そこにはなぜか痛々しさもともなう気がするのです。

なんとなくだけど。・・・うん。

category: about ジェイク・ウェバー

tb: 0   cm: 6

△top

 

 


シリーズ オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 第2週

category: とりとめもないことをつらつら

tb: 0   cm: 4

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。