FC2ブログ

Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

倫敦4 「食」 (食事編) 

 

世界一まずいとまで聞いたことがあるロンドンの食。感想は、思っていたほどまずくはない
少なくとも、昨年行ったLAよりマシ。

これまた紅茶と一緒で、お高いお値段出せば美味しいのは当たり前なわけです。なので、判断の基準は「普通のお値段で食べられるものがどうか」だと思います。

よく「イギリスで一番おいしいのは朝食」と言われるようですが、ほんっとーーーに美味しかった。English・breakfast。
ま、朝ご飯が美味しい、という口コミのホテルをわざわざ一人二万円の追加代金払って選んだんだけどね。
一日分のカロリーを朝食で摂取。
mame
毎朝、これだけは食べなくちゃ、のラインナップ。ベイクドビーンズ・マッシュルーム・焼きトマト、ベーコン・ハッシュドポテト・バジルソーセージ。
これに、フルーツとクロワッサン又はお粥(美味しいお粥があるホテルだったのです。おかげで米欠乏症を発症せずに済みました。)

どーーーーーーーしても食べたかったのは、ベイクドビーンズなんです。
毎朝、思う存分食べました。豆♪
ほかの家族は「ただの豆じゃん」という薄い反応でしたが、私は毎日ウキウキでした。
Amazonで買うかも、とまで思っております。
ハインツ ベークド ビーンズ 415gハインツ ベークド ビーンズ 415g
()
ハインツ

商品詳細を見る

そうまでせずとも、特にこった味付けっぽくもなく、自分で水煮大豆とトマト缶とかでできそうな気もしますが(笑)
豆好き以外の家族も大満足なこのホテルの朝食でした。おかげで、昼になっても毎日空腹感がなかった。

旅に出たらお約束、のマーケットめぐり。
ハイド・パークのクリスマスマーケットでのこれ、とか。
DSCN0765.jpg


クリスマスマーケット

バラ・マーケットでのこれ。すごい行列だったけど並んだ。

ジャガイモに、でっかいチーズを削りかけて、薄いパンにはさんでカリッカリにやいてある。注文を受けてから焼くのでちと待ち長い。
DSCN1455
写りこんだ消火栓(多分)が可愛い。
どちらもちょっと塩分濃いめでしたが、外で食べる+立って食べる+寒い中で熱々を食べる+周りがみんな楽しそうにしている、などなどの効果もありつつ、美味しくいただきました。

ロンドン名物、フィッシュ&チップス。
DSCN1545.jpg

味付けはまったくされてないのね、自分で好きなだけビネガーやらなんやらぶっかけて食べる。
これは、まずい店に当たったら嫌な食べ物だろうなぁ・・・。ラッキーなことにそこそこ旨い店でした。
外はカリカリ、お魚は熱々でホクホク。とてつもない大きさな上にポテトもたんまりついてくるので一つ注文で二人でシェアで充分。

パブ。兄ちゃんがわき見している間に隠し撮り(笑)言えば、愛想よく写ってくれたとは思うけど。
IMG_0879.jpg

エールを2種類飲み比べ。私は常温で泡の立たないエールは好物なのだけど、夫はどうやらラガー派(いわゆる日本の感覚だと普通のビール)だということを再認識したようでした。

鉄道の旅ではコンビニで買ったサンドイッチ等々。
IMG_0827.jpg

普通の電車なのですが、向かい合わせでテーブル付の座席があって、これはこれで楽しい「世界の車窓から」の気分。

でも、本当は駅近くのココ

BBCでのシャーロックで、シャーロックたちが住んでいる部屋の1階のワトソンさんの店として使われているカフェで昼食の予定だったのでした。続く悪天候でスケジュールが押していたため断念。
「シャーロック巻」というメニューがあるのだそうです(笑)店内にはベネディクト君たちの写真もあるとか。行きたかったなぁ。

たとえ夕飯がわりだとしてもボリュームありすぎやろ!のアフタヌーンティー。
IMG_0886.jpg
2時間かけたけど完食できず。美味しかったんだけどねぇ。翌朝胃もたれ(・_・;)

スローフード、オーガニックフードの街ロンドンらしく、一食はオーガニックにしましょうよ、と自然食専門店へ。
IMG_0902.jpg
店内が暗くて写りがこんなんですみません。
真っ赤いスープの正体は、ルバーブ。おぉ、ロンドンっぽい!バラ・マーケットの八百屋さんにも山のように売ってたなぁ、ルバーブ。サラダにも入ってるしジャムも売ってた。
ただしここ、自然食レストランのお味としては、まぁ、そこそこ(^_^;)。お値段がそこそこいい割には、お味はとりたててよいとは思えず。割と有名店だったのですけどね。名前は出さんでおこう。

帰りの飛行機は、ちょっとだけいい席を取っていたのでヒースローで空港ラウンジが使えました。
ロンドン最後の食はやっぱり、豆!とルバーブ!
ロンドンプライド、という名のビール。エールじゃなくてラガーでした。最後にはもう一回エール飲んどきたかったなぁ。
DSC_0225.jpg DSC_0224.jpg


番外。
DSCN1487.jpg
コンビニで買ったギネスとプリングルズのビネガー味。口の中が切れそうなくらいすっぱいプリングルズ、酸っぱいもの好きにはたまらん美味しさでした♪大量に買い込んで帰るんだった。しまった。
ギネス、ほぼ500mlが4本セットで4ポンドちょい。一本あたり100円台だ・・安い!安すぎるっっっっ。ホクホク♪
日本だと、350ミリリットル缶で300円近くしませんか?うちの近所だとそのくらいするのです。

唯一、「これはマズイ!」と思ったのは、野菜不足を補うべくスーパーのお総菜売り場で購入したサラダ。
パックサラダとしては安めの価格設定だったし、野菜が古いとかではなかったのですが、ドレッシングがまったくもって予想外の風味で・・・。
何度かチャレンジしたのですが、どれもドレッシングがねぇ・・・・・。ホテルの朝食のドレッシングは悪くないのに、スーパーやコンビニのはどうにも個性が強すぎて食べきれませんでした。
あ、でも、コンビニで売ってるパックのフルーツは美味しかった。アメリカでもパックフルーツ美味しかったんだよなぁ。日本で売ってるパックフルーツって、高いのに味薄いもんなぁ。

全体的に
「予想に反して、(ドレッシング以外は)特に不味くはない」イギリスのお食事、でした。





スポンサーサイト

category: 管理人の日常

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。