Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

let's try! 悩むことは無駄じゃない・・・たぶん・・・・ 

 

ブログ開始して8か月。これで100件目の記事です。


わかる人には考えるまでもなく簡単なことでも、無知な人にはこんなに道のりが遠いんだよ、という英語のお話。

「Let there be Lighteman」
Lie to meに出てきた言葉です。以前アップしました「ライトマン博士の変な顔集」動画のタイトルにもなっています。
この言葉、実はすっごく印象に残ってました。なぜなら、単純で単語もシンプルなのに意味がちっとも分からなかった。
そのうえ、あちこちでファンの人に使われてる。ブログのタイトルだったり、こんな写真とか。
just lightman
(souce tumblr)

背景をかいつまむと、本を書かなきゃいけないのに1行も書けない博士に、娘のエミリーが「何でもいいからとりあえず1行かいてみなよ」とアドバイスをします。
そこで博士が腕まくりをして書いたのがこの言葉。
そしてこのポーズ。let there be lightman1

それをみた娘のリアクションは、これ。ゴーストライター頼めば?let there be lightman2


その後、こっそりこれをみた部下のローカーもすっかりあきれ顔になってしまったわけですが。
あちこちで使われている、ということは、きっとたいそう印象深いフレーズなんだろうな、と思うわけです。多分、くすっと笑うような。

が。まったく意味が分からない。



Let there be Lighteman.



Let て言うからには、何かさせろとか、使役の意味のある命令形なんじゃなかろうか?と推測するんですが、
「誰に」「何を」させろと言うのか、見当もつきません。

字幕や吹き替えの翻訳ではそれぞれ「ライトマン参上!」と「われは光の男」と訳されていました。
だいぶ違います、どっちを信じていいのかわかりません。それにどちらにも何故かLetな感じがふくまれていません。
どっちを信じてもいま一つドラマの中の人物の反応とは食い違う気もします。なんでだろう、本当はどんなニュアンスで受け止めればいいんだろう?
で、考えてみました。
英語わかってる人なら考えなくてもわかるんでしょうが、初心者には皆目わからない。

Let
有名なのは、Let's(let us) go!とかですよね。私たちをいかせましょう→行こうよ、という意味。
ドラマとかでよく聞くのは Let me see... 直訳は、私に考えさせてください→→ちょっと待ってね、えーっと・・・ってニュアンスに。
Let me know 私に知らせてください→教えてね。

使役ではあるんだけど、makeのように無理やり力を加える強制というよりは、~に、こうさせてね、~するよ(意思表示)っていうちょっと優しい感じがします。

Let me explain.ジョーがしょっちゅうアリソンにいう言葉です(#^.^#)
直訳すれば、「私に説明をさせてください。」ですが、ジョーが使う場合は「いいかい、アリソン。よく聞いてね」って感じ(#^.^#)(#^.^#)(#^.^#)
ちなみにこれは、season3の3話。セックスにおけるエンドルフィンの心身への効果を嬉しげに語るジョー(#^.^#)(#^.^#)(#^.^#)(#^.^#)Let me explain3連発。
let me explain1
let me explain2
let me explain3

同じ話の中にLet me think.ってのもあったな。
let me think


このように、letを使う文章は、多くはletの後に「誰に」、そのあとに「こうする」という動詞がくるんですよね。

letの直後に「誰に」の人がこないので有名なのは「Let it be」。it is の状態をlet(させておく)で、「なるがままに」。
でも、これですら「誰に」の部分に入っているのは「it」という、少なくとも代名詞。

Let there be Lighteman.

letの直後はthereです。thereって代名詞・・・じゃないよね?副詞の代名詞的用法なんてあるわけ?あったとしても意味がまだ分からない。

ここまで来てようやく、このフレーズって、実は普通の言い回しじゃなく、ちょっと変わってるんじゃない?という可能性に気付いたのでした。(遅いよ・・)
じゃぁ、なんで変わってるのか?
そりゃ、何か有名なセリフとか諺とかをモチーフにしてるとか、なんかの引用だとか、そんなだからでしょう!?と思いつき、
そこからは早かったです。

Let there be Lighteman.これが何かの変形だとすると、一番可能性が高いのは、Let there be Light.じゃあるまいか?ジャマイカ(糸口が見つかってテンションが変)

ビンゴ!でしたね。英語風にいうとding!
聖書の創世記「光あれ!」でした。神様が「光あれ」とおっしゃって、するとそこに光があった、ってやつですわ。
そう、神様だからさ、誰に無理に命令することなくとも、御心のままになってしまうわけなんだ。だから「誰に」の部分はいらない。
there is light(光がある)にletをつけて「光があるように」、そうおっしゃるだけで、光はあってしまったのだよ。
・・・・・・
という、なんだかスケールのめっちゃ大きな言葉。
博士は、その言葉のおしまいに「man」ってつけて、あろうことか自分の名前に変えてしまって、Let there be Lighteman.・・・・・・・・(+o+)
なんてぇこったい、ただのダジャレかよ。しかもえらく壮大な上に怖いもの知らずだな、おい。
で、このポーズのこの顔なわけね。let there be lightman3
やれやれ。

まんま訳しても意味も何も伝わらないですね。「そこにライトマンあれ」。うん、意味不明。
でも、大いに納得(^_^)v。ライトマンがやりそうなこった(^_^;)


あーーーすっきりした。
という。
そもそもLet there be Ligh.を知ってる人にはなんも問題もない、でも知らない私にはなかなか大変な道のりだった、というお話。


日々、こんなことの繰り返しばかり。
道は長いな。
関連記事

category: いい年しての初級英語

tb: 0   cm: 9

△top

コメント

 

こんばんは。たびたび出没すみません。(空気が読めないらしい・・)
ミディアムはほんのちょっと見ただけなので、↓記事にコメントする資格は無いなぁと
思いつつ動画を拝見。いいドラマだったんだなぁ、とあらためて。
なぬ、ジョシュブログをせよとな? はんはん、このままじゃあんまりな感じだもんなぁ(苦笑)

この記事の英語ね、もちろんわかんないけど、そうやって解けてくるっていうのが
他人事ながら面白いです。そりゃあ、英語の専門の人から見れば神様の視線じゃん!
かもしれないけど、自分でとりくんでて解けるのは素晴らしいよ♪
ミディアムのせりふと照らし合わせて考えれるところも素敵で面白い♪

ティム氏とかジェイク氏とか英国のTVにお出になったりとかございます?
ブラッドリーのBBCドラマの動画をながめつつ、オファーが来たってことよね?
なんて。これまたどーでもいいですが、お誕生日は前日の10日だったという
失敗(笑)。

あ き ら #dI6DO0LA | URL | 2012/10/14 00:28 | edit

>あきらさん

おいでいただいてうれし♪自己満足で書いているとはいえ、お話しできないとやはりさみしいですもん♪
ミディアム、ラブラブ動画見ていただいてすんません。「家族が大事」「家族を愛してる」と呪文のように毎回唱えられるとだんだん洗脳されてくるもので(笑)ミディアム観てる間だけは私もすっかり影響されて家族に優しくなってた気がします、・・と、過去形で語る。ぷぷぷっ。

英語、letの後に人が来ないのが本当に神様目線なのかどうかは知らないのですが、ほかにあまり見当たらないのは確かです。基本的にドラマ視聴をメインに英語に触れているので、壊滅的に文法に弱く、ちょっと普段と違う使われ方をすると、とたんにわからなくなるんです。文法ってとっつきにくいけど、やっぱりわかってたほうが本当は近道なんだろうな、と思いつつ思いつつ・・なかなかお友達になれないんですよね(^_^;)

ブラッドリーさん、(旧)体育の日生まれなんですねーー・・・アメリカには関係ないか(笑)BBCドラマにお出になってるの?えーーー!いいじゃんいいじゃん、素敵!自分でも基本的にはアメリカンなものよりイギリスのほうが多分好みなんだよな、とわかっていつつ・・・、だもん。それ、ちゃんと観たいねぇ。(できれば日本語字幕付きで・・は、難しいか(^_^;))
ジェイクは多分、英・米共同制作の映画の端役くらいしかないんじゃないかと思います。たまに大物と映画で共演することもあるけど、基本的には「ミディアム」の夫役ってくらいのポジションでしかないのじゃないかしら。
ティムさんのほうは真逆で、出てますよー、たんまり。イギリスにいたころは当然として、アメリカに来てからもちょいちょい出てる。ただ、やっぱり普通のTVドラマってわけにはいかないらしく(「Lie to me」でるのすらスケジュール大変だったようで)、映画とか、TVでもTVムービーって感じ。その英TV映画の中で「クロムウェル~英国王への挑戦~」ってやつをこの夏にWOWOWさんが放送してくれてようやく見れたんですが、なかなか興味深かったです。英の歴史上唯一の共和制時代を築いたオリバー・クロムウェルをティムさんがやってました。本当はこれも押し付けたかったんだけど、あんまりだと思ってあれでも自重したんだよね(笑)

柚子 #1Sembxyo | URL | 2012/10/14 02:44 | edit

見た見た^^

シーズン3のジョンがエンドルフィンを説くところ、先日見ました!そして保存版にしました(笑)
だってジョンに口説かれてる気がするから・・・☆
全然関係ないですが、ジョーが時々アリソンを「アル(アリ?)」と、はしょって呼ぶのが好き~~~!

Let ・・・のくだり、ほんと難しいですね。簡単な単語ほど分からなかったりします。
むかーし、ブリトニースピアーズが、誰かと会った時「Let You hug~~」といってハグしてたんです。
「ハグさせて~」ですが、いい!と思った。私も数人海外のお友達いますが、みなさん日本人にハグは
いかんだろうと、ハグしてくれない。なので、相手がイケメンの場合、自分からレッチューハーグ!と行けばいいのかなと!!
まぁ、そんなチャンスはまだ来てないんですが。
もし、万が一ジェイクに会っちまったら、レッチューハーグ!!
・・・捕まるかな??

つき #- | URL | 2012/10/15 13:21 | edit

つきさんへ

つきさ~ん
お久しぶりです(^-^)v
fox、今はシーズン3なんですね♪と言うことは、「とりつかれて」も、もうすぐですね(*≧∀≦*)
Letに関するコメントも、ありがとうございます。実は風邪ひいちゃいまして、頭がまわりません。明日あらためて、たっぷり(笑)お返事させていただきますね♪

柚子 #1Sembxyo | URL | 2012/10/15 18:34 | edit

>つきさん

let you hug (me)なんですね、let me hug (you).ならすぐにピンと来るんだけどな。えーーとえーーーっと(まだ考えないとよくわからない)。えーっと、そうか、ハグしてちょーだーーーい♪って感じね?それ、かわいい!いいかも♪覚えとこうφ(..)メモメモ・・使うあてはないけど(笑)
外人さん、そうなのですか?ハグしてくれないのですか?えーーー、それは残念・・・うーーんと、でも残念なのは相手にもよるかも(笑)
ジェイクはきっと、let you hug♪でハグしてくれそうな気がします♪♪♪そう思いたいです(笑)

そうそう、日本語吹き替えだといつも「アリソン」って呼んでるけど、ジェイクは「アル」って呼んでますよね、子どもたちのことも吹き替えだと名前ばっかだけど、実はpumpkinとかsweetieとかいろいろ。なんか甘くっていいですよね~~~。イギリスでは女性に話すときに語尾にloveってつけることもあるみたいですよ。海外ドラマみてるとそんなところが楽しいのはいいのですが、だんだん日本って恥ずかしがり屋でつまんない、とか思ってきたりします。だいぶ影響されてますね、てへへ(#^.^#)

柚子 #1Sembxyo | URL | 2012/10/16 22:02 | edit

ほんとうに

不思議なことに「別にハグしてくれなくてもいい」人はハグしてきます(笑)
外人の友達は、過去通ってた道場にいっぱいいたのですが、道場にも何年も行ってなくて
みんな帰国したと思われます(**)

Sweetieって言い方もツボですわ~~。イギリスの語尾のloveはまた出会ったことないです!
イギリス系も観るべ~~。

お風邪中だったのに、お返事ありがとうございました!お大事になさってください!

つき #- | URL | 2012/10/17 18:32 | edit

>つきさん

あはは、やっぱり~~~?(笑)>「別にハグしてくれなくてもいい」人はハグしてくる。
つきさん、なにかの道場に通ってらしたんですか???英会話道場とかじゃなくって??おぉ!なんかすごいです。

イギリスの語尾のloveは、けっこう年いった人が言うのかもしれないです。若者は言わない気がする、ただの勘ですが(^_^;)。Lie to meのライトマン博士がよく言うんです。女性にはlove、男性にはmate、なんです~。ライトマン博士もいいけど、ジェイクにも言ってもらいたいなー。

柚子 #1Sembxyo | URL | 2012/10/18 21:05 | edit

道場はね~

私が通ってた道場は「ブラジリアン柔術」って日本の柔道がブラジルに渡って進化して戻ってきた。みたいなものでした^^先生は日本人ですが、ブラジル育ちの為、日本語英語ポルトガル語ペラペラで、自然に外人が集まってきてたんです。ブラジル人は特に、朝青竜みたいのに限ってためらいなくハグ(爆)

LOVEが聞きたいので、LIE TO ME 見てみよう~~♪

つき #- | URL | 2012/10/19 12:13 | edit

>つきさん

おぉぉぉぉぉ!「ブラジリアン柔術」ってはじめて聞く言葉です。でも柔って入ってるから柔道っぽいものなのね、きっと・そう言えば、つきさん、オリンピックの時も柔道一生懸命みてるっておっしゃってたなー、と思い出しました。
あ、あ、あ、朝青竜ですか・・・しかもブラジル人の?それはちょっとした交通事故くらいの衝撃がありそうです(^_^;)

是非是非、Lie to meご覧ください。何処が似てるのかわからないけど確実にジェイクに似てるティム・ロスがやたらとやんちゃで、ジョーの面影とかぶることでなんだかアンバランスな日現実感を醸してますし、パキパキと途切れるコックニー訛も聞いてみてください。めっちゃ聞きにくいから(笑)
そうそう、語尾のloveもですが、nice!の代わりにlovely!使うのとか、アメリカでガラの悪い感じの強調でfuckingって言うのをBloody って言ってたりとかも、おぉ、イギリスってこんなか、と思いますよ。最初は、血?血が何?って思った(^_^;)。あ、あとOiも。日本語のオイ!と同じ感じの呼びかけで同じく多少乱暴らしい。・・・って、ライトマン博士ガラ悪い言葉ばっかだわ(^_^;)(^_^;)

柚子 #1Sembxyo | URL | 2012/10/19 23:39 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://forest0319.blog.fc2.com/tb.php/110-5077a8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。