Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

共通語は必要なのだ 

 

Lang8という、たとえたどたどしくてもいいから、自分が学習している言語で日記を書いて、それをネイティブに訂正してもらおうぜ、みたいなコミュニティに登録しました。

私が日本語を学習したいイギリス人の日記を添削して、かわりに私の英語の日記をその人に添削してもらう、というような感じ。
大変画期的なアイデアだと思います。ただで英作文の添削が受けられるんですよ、すごいですねーーー。

でも、ついつい、日本語の添削ばかりしてまわってしまいます。英語書いてる時間より添削して回ってる時間のほうが長いです(^_^;) 本来の目的を忘れかけてる・・(^_^;)(^_^;)

わたしなんか気が小さいので、というか多くの日本人はそうだろうけど、日記書くのにすごく時間かけちゃうんです、単語調べて、文法とか考えなおしたり、しまいには翻訳サイトで一度自分の日記を翻訳してみて、よしOKと思ってからでないと投稿しない、とか。それじゃぁあまり意味ないんですけどね。
でも、外国の方は違いますね。とうか、違う人が多いですね。
間違っててもお構いなし!
だって勉強中なんだもん!
違ってて当たり前でしょ。って。

そうなんです、ほんと。

でもね、開き直りすぎてて、意味が分からないこともしばしば。

○×▽・・・(意味不明な言葉の羅列)

最後に、「これであってますか?添削してください」って。

いや、言いたいことがわからないと、添削のしようがないから!!!!!


でね、気付いたんですけど、日本語を学習したい人って圧倒的にアジア人が多いんだわ、中国や韓国がほとんど。

で、たとえば
A,~があって連絡しました。
B,~があってお願いします。

なんで、Aは正解でBは不正解かわからない、と質問されたら、
やっぱり「~があって」=「~があるので」で、「ので」とはbecauseの意味なので・・ということを言わねばならないのだけど、
なんせ、私は中国語(まはたハングル)がわからない。相手は複雑な日本語がわからない。
すると、お互いにたどたどしい英語でやりとりをすることになるんですね~~~~~。

「は~」と「~が」の違いがわからない。
そこに本があります。
そこに本はあります。
どうちがうですか?と聞かれたら、

そこに本があります。= There is a book.
そこに本はあります。= The book is there.
と、英語にしちまえば、「木がある」ことを強調したいのだ、とか「そこにある」ことを強調したいのだ、なんて日本人にも理屈はよく分からないような微妙なことも、一言で伝えられるんです。

共通語って本当に必要なんだなーーーと、インターネットがこうも発達した今、やっぱり共通語は絶対必要だわ、と思った次第。
関連記事

category: いい年しての初級英語

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

すごーい!

そんなサイトがあるんですね!向学心に脱帽ですわ!

日本語って実は難しいんですよね~。ハングルもアルファベットも数十文字だけど、
漢字はどんだけあるんだよ!!って数ですよね。「てにおは」も、自分では意識しないで使ってるけど
説明はむずかしいですもんね。帰国子女はやはり「てにおは」がちょっとおかしいし。

英語は大事ですね。
がんばらなくちゃな・・。

つき #- | URL | 2012/10/28 21:58 | edit

>つきさん

基本的に、「聞く」と「見る」「読む」の練習しかしてこなかったので、書くことがびっくりするほどできません。昨日もwithのつもりでwhithとか書いて知らない人に訂正されました中学生以下です、、恥ずかし~~~~~(^_^;)

日本語の勉強は本当に大変だと思いますね、おっしゃる通り「てにおは」はどう説明していいか特に困ります。でも違うとすごく違和感あるんですよねぇ。漢字も大変そう。
開き直りすぎてなにがなんだかぜんっぜんわからない人もいるけど、こんなしっかりした文章、日本人でも書ける人少ないよ?というようなの書いてる人もいます。あと、中学生なのに「明日、日本語のテストだから」とか言ってる人もいて、いまだに英語教育でさえあまり成果を上げられない日本は、ますますグローバル化からおいていかれるのでは?と危惧しています。

柚子 #1Sembxyo | URL | 2012/10/29 21:18 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://forest0319.blog.fc2.com/tb.php/129-d2cb1803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top