Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

ミディアムで英語「とり憑かれて」その3 

 

ちょっと間が空きましたが、ミディアムで英語「とり憑かれて」その3であります。

自分をサマンサだと思い込んでるアリソンは、リビングで自分のケータイと財布を探しますがありません。自分を帰らせないためにジョーが隠したんだと思っちゃってます。
家電の子機で電話をかけようとして、ジョーに取り上げられてしまいます。
"I don't want you leaving,and I don't want you calling anyone"
「何処にも行かせない、電話もダメ!」と言われて
bet
"I bet you don't"
「そう、だめよね」 です。

bet=賭ける ですね。

そうそう、賭けてもいいわよ、って感じで、I bet you が「そうでしょうとも」的な口語として使われているようです。
逆に、you bet!となると、さぁ、賭けろよ、と言う意味から→もちろん!とか、いいともさ!みたいな感じで使われるそう。

お礼を言って、you bet!と返ってきたら一瞬戸惑いそうですが、この場合も「いいってことよ」です。
(フランクな感じを出そうとしたらだんだん江戸っ子口調になってきた・・・(^_^;))

そんなことをしている間にも、子ども部屋でブリジットが大声で叫んでいます、ジョーはそっちも気になって・・。
"so just bear with me"
「ちょっと待ってて!」

ん? waitもなーんもないじゃないか?????

動詞らしきものが見当たりませんね? んが、そんなわけはありません。この場合、bearが動詞です。
bear? bearってクマさんじゃん?ですよね~~~~~。
でも、同じ単語ですが、「生む」「持つ」「運ぶ」「実る」「与える」「支える」など様々な意味とともに、「耐える」があります。
bear with meで、耐えてね、ちょっと我慢してね、勘弁してね、というような意味で用いられます。
さまざまな意味があるだけあっていろんな場面でこのクマさんは、よーーーーーーく出てきますが、with meがついたら、ちょっと待って!的なことになります。
てかさぁ、「クマ」って意味で出てきたのを聞いたことは今まで一度もない・・・・(^_^;)そもそも日常会話に「クマ」って単語はあまり出ないか(笑)

それにしても、どー考えてもですよ、
寝起きでいきなり妻から平手打ちをくらい、数々の暴言をあびせられ、わけのわからない責められ方をして、おまけにブリジットがトイレから叫んでる・・・。この状況で「ちょっと待って、すぐ戻るからそれから解決策を考えよう」だなんて言えるジョーって・・、忍耐力ありすぎ(笑)
関連記事

category: ドラマ『ミディアム』

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

うわー!

すごい勉強になります!
bear知りませんでした。、「生む」「持つ」「運ぶ」「実る」「与える」「支える」「耐える」
こんなに意味があったら判断できないじゃーーん。って思った私。
クマさん包容力ありますわ!

ジョーが娘の世話で朝てんてこまいになってる姿も好きです~^^
嫁の突然別人格にも慣れてるジョーはすごいですよね~。

つき #- | URL | 2012/11/02 22:51 | edit

>つきさん

そーなんです、このクマさんは実は気づかないところでやたらと出没しています。
よーーく注意していると、会社の対応とかで「申し訳ありませんが~~」というようなところで、"sorry"のかわりに"bear with us"と言ってることがあるんですよーーー。びっくりです。
ジョーのおかげで「ちょいと待って」のbear with・・はわかりましたが、ほかのところでいろいろな意味ででてくるbearさんはまだちっとも慣れません(~_~;)
ただ1個だけ!生まれるのbornはなんと、動詞のbearの過去分詞だった!!のです。なんだとーーー?初耳!!です。

ジョー、こうして振り返るともう常に常に偉大ですよね!!そもそも、朝ちょっと早く目が覚めたからって妻を抱き寄せるか?どんだけ仲いいねん!です。

柚子 #1Sembxyo | URL | 2012/11/02 23:37 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://forest0319.blog.fc2.com/tb.php/140-92ad68f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top