Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

旅の記録 大冒険 

 

見知らぬ街で言葉もあまり通じないところでタクシーもカイドも使わないとなると、思わぬところで大冒険に発展するんですねぇ・・いやはや、いい大人二人がまるで「はじめてのおつかい」状態でした。
そもそも、その日はパラマウントピクチャーズのスタジオツアーに行きたかったんです。なんたってスタートレックはパラマウント映画ですもん。
ラピットというメトロの快速バスでも行けるみたいだけど、バスには一度乗ったし、じゃぁ今度は地下鉄で行ってみよー、と。地図を片手に歩くといかにも観光客にみえて危ないらしいので、事前に地下鉄の駅までの順路(ったってたいしたことない、徒歩5~6分)を頭に入れて出発しました。・・・が、ない!駅がない!目印になる曲がり角のデパートはあった、地下鉄の駅の目の前のはずのセブンイレブンもある、が、肝心の地下鉄の入り口がない!!地下鉄の入り口があるはずのところにデーンと立っているのは銀行のビル・・。朝からいきなり途方にくれます。地下鉄ってさぁ、こう・・・1番出口とか5番出口とかいろいろあって、大きい道路沿いに歩けばいくつも入口あるんじゃない?と、ウロウロしてみましたが、、、、まっっっったくない!地下鉄はコチラ、みたいな看板や標識も一切ない。「あきらめてバスに乗る?バス停、目の前にあるし、このバスで着くんでしょ?タクシーだって日本よりだいぶ安いらしいよ」と夫に言いましたが、「いいや地下鉄に乗る、今日は地下鉄とバスを乗りこなすのが目標だ」とわけのわからんことを言いはる(汗)仕方ないので地下鉄の駅であるはずの場所に立ってる銀行まで戻り、ぐるっと周囲を歩いてみたら、有りました!なんと、銀行の建物の中に地下鉄の入り口が・・。うそだろ・・・(*_*)。あらためて周囲を見渡したけど、道沿いには地下鉄入口コチラの標識看板等一切ありませんでした。これ、知らない人絶対にわかんないと思う(~_~;)
駅に着きさえすればもうこっちのもの、かと思いきや、またすぐに次の関門です。切符の買い方がわからない(笑)事前情報によると、地下鉄とバス一日乗り放題5ドルという切符があるはずだったんですが、自販機がどうもなんか違う。例えるならsuikaみたいな、カードチャージ用の自販機しかない。Suika(じゃないけど)はいらないし持ってない、今日だけ乗れればいいのに・・どしらたええのでしょう。と困っていると黒人のいかにもいい歌声が出そうな体型(笑)の係員のお姉さんが、どしたの?って声をかけてくれました。さてさて、英語しゃべらねばなりません、が、え・・・一日地下鉄もバスも乗り放題って英語でなんだっけ(^_^;)(^_^;)(^_^;)。なんやかんや四苦八苦でようやく通じました、すっげー優しいおねーさんだったの。わたしが焦ってしどろもどろになっててもニコニコ聞いてくれる、OK焦らないで、って励ましてくれたし(笑)切符買えたころにはだんだん気持ちが落ち着いてきたので最後に「2歳児みたいな英語しかできなくってわかりにくくてごめんねー」というと「2歳児でも全然OKよ、がんばってね」と見送ってくれました。いい人だった~~~、というかLA出会った人たちみんなフレンドリーで優しかったですが、この人は特別いい感じの人だった。
結局乗り放題5ドルの紙の切符は販売がつい最近終了してて(ガイドブックにはない情報ですねー)、全部チャージのカード式、まずは1ドルでカードを買ってそこにチャージする形みたいで、1日券分をチャージしたカード(計6ドル)を持って地下へ。
地下鉄は、、、バスと違ってなかなかヘビーな環境でした。なんかマイケル・ジャクソンのBADのPVのオープニングみたいな・・喩がわかりにくいですか(^_^;)。いわゆるザ・アメリカの地下鉄!要は油断するのやめとこう・・気を張らなくっちゃ!って感じ。
ホームは1本しかなく、なら乗る方向(上りと下りみたいな)さえ間違えなければあとは大丈夫だね、とちょっと安心。乗ってみるといきなり、お家があるのかどうかわかんない風のお兄さんにボールペンらしきものが入った袋を黙ってグイっと差し出されて超緊張・・。なんだろう、日本の道で配ってるティッシュとかとは違うよね(~_~;)。とりあえずシカト、うーんやっぱちょっと怖いぞ~~、でも、7~8駅で目的の駅に着くはず・・・だったのですが・・、なぜか4駅ほど進んだところで終点っぽい?全員降りていきます。えーーーーーーー?方角は間違えてなかったはず。どうやら途中までしか行かない電車に乗った??どうしましょう・・待ってれば次の電車が来る?でもどうも雰囲気が違う、ここからは元来たほうの一方向への電車しかなさそう。そういえばさっき車内で、「どこそこに行く人は上に上がってお乗換えです」的アナウンスあってたなぁ・・・降りるのはまだ先だと思って全然聞いてなかったけど・・。グズグズしてるとホームには夫と私の二人しかいなくなってしまう感じだったので、とりあえず地上へ。またさっきと同じでさぁ、わっかりにくい別の入り口から入って乗りかえなきゃなんじゃない?と、周辺をウロウロ。さっきと同じ銀行の建物があったので入ってみましたが、今度は本当にただの銀行で大笑い。しかし笑ってる場合じゃないぞ、マジで困ってきた。そもそも看板とか案内図の類というのが極端に少ないんだなぁ。普通(日本なら)壁のあちこちに路線図なり標識なり矢印なりがあるんだがなぁ。そもそもここはどこなんだ、乗る駅周辺と降りる駅周辺は学習してましたが、途中の駅に降り立つ可能性を全く考えてなかったのでサッパリ。でも、ビジネス街なのか繁華街なのかわからないけど、なんだかとてもきれいな街並み、歩いている人たちもこぎれいな身なりでその辺はとりあえず一安心。怖いところだったらさぁ、不用心に歩くのも怖いじゃん、でもこれなら歩いても大丈夫そう。人の流れについていけば乗り換えれる?とフラフラとついて行ってみたら大型ショッピングモールについてしまったり(笑)そうこうするうちに、ハリウッドハイランド行のラピットバス(快速)がシューンと我々の横を素通りしていきました。あぁ、あれに乗れれば着くのになぁ・・・。バス停、探す?としばらく歩いてみたものの、なかなかありません。そういえば快速バスってさ、あまりバス停に停まらないから快速なんだよね、だからバス停も少ないよね・・・。
困ったときは初心に戻る。最悪、朝乗った地下鉄の駅まで戻って一からやり直そうではないか、と地下鉄の駅までもどりまして、なぜだか人っ子一人いない駅であれこれ表示を探しまして、ようやく見つけました、路線図。乗った駅がこれだよね、4つくらいしか進んでないよね、だから今いるのここのハズだよね、、、、でも・・・・you are here(現在地ここ、の表示)が、ぜんっぜん違う場所についてない???あれ??????
どうやら、レッドラインに乗ってるつもりが、パープルラインの終点、ウェストウィルシャー駅についてしまっていたらしい、ということがここではじめて判明。博多で言えば、福岡空港まで行きたいのに貝塚についちゃった、みたいなことになってたのね私たち、とようやく納得。じゃぁ中洲川端まで戻って乗り換えだね、せめて千代県庁口で気づかなくちゃだったねぇ、などと福岡人しかわからない会話をしつつ、分岐駅まで戻り無事に乗り換えることができたのでした。
ようやくついたノースハリウッド駅(だったかな)は、天井から壁から何から映画尽くし!壁には映画人の壁画、天井はなんか変な模様・・と思いきや、ぜーーーーんぶ映画のフィルムを巻いてたリールが貼り付けてある!!!なんか、「映画の街に来たぞ」って感じ。でも周囲はあまり柄がよくない雰囲気。ここからさらにバスに乗り換えだったんだけど、やたらとYo!Yo!ってラップやってる感じの兄ちゃんたちに話しかけられる。聞こえないふりして次々シカト。バスにはスムーズに乗れてバス停からさらに徒歩10分。ようやくパラマウントスタジオに着きました。
DSCN1123.jpg



事前に感想ブログ等読む限りでは、みなさんフラッと行ってツアーに参加されてたようだったのでそのつもりだったんですが、実際に行ってみると平日なのにけっこう人がいる・・。あれ、大丈夫かな、かなり待つかな、と思いつつ受付に。IDを出せと言われたのでパスポートしかないがいいか、と聞くとOKとのこと。あのー、予約してないんすけど何時ごろになりそうですかね、と聞いてみたんだけど、え?信じられないという顔をしてなんかペーパーを差し出される。が英字がぎっちりといっぱいでパッと見ても意味が全然わかんない(恥)。向こうで「おい、昨日まで日本語わかるあいつがいただろ、呼んで来い」とか言ってるのはわかったので、いやいやあなたがゆっくり喋ってくれればわかるからというと、とにかくここに電話しろ、とのこと。ここに電話したらツアーに参加できるの?と聞くと、かもね、って・・。言われるままにツアー予約番号らしいところに電話すると、次に予約できるのは月曜日(帰国日)のツアーです、ですと・・。えーーーー(T_T)
ということで、たどり着くのに大冒険だったパラマウントスタジオ、今回は入れなかったのでした。うーーーん、すっごく残念。でも冒険は今となっては面白かった。
関連記事

category: とりとめもないことをつらつら

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

ご無事でなにより!!

いや~地下鉄とか、バスとか、もう怖すぎですわ・・。よく乗り切りましたね・・

変な人が話しかけてくるとか、ボールペンみたいの突き出してくるとか
読んだだけで胃がキリキリ(笑)私にはアメリカ本土とか無理っぽいわ~~。
誰か旅慣れた人とご一緒できたら別ですけど^^

パラマウントスタジオ残念でしたね。日本で調べていってもなんか違うことっていろいろあるんですね・・。

つき #- | URL | 2013/01/23 13:30 | edit

>つきさん

いやーー、ボールペンも意味が分かってれば怖くないものかも知れないですけどね、渡してきた方の風貌が風貌だったので・・シェイムレスもびっくりな感じで・・(^_^;)なんだったんでしょうねぇ、受け取ったらお金要求されるのかしら???
旅慣れた人が一緒なら迷子にもなりませんしね(笑)ただ車に乗ってスムーズに移動するのもとっても快適ですが、街の中に入り込んでみるのもなかなか楽しいですよ。女性だけとかだと怖いかもですが。

パラマウント、残念でした~~。あれですかね、グリー効果ですかね?グリーのファン最近急激に増えてますもんね。新しいスタートレックももうすぐアメリカで公開だし、そのせいとかもあったかもしれません。
でも別のスタジオツアーには参加出来てそれもとっても楽しかったんです。またアップします(^_^)v

柚子 #1Sembxyo | URL | 2013/01/23 21:10 | edit

大冒険! 

ご無事で何よりでした! やはり男性と一緒というのも大きいですね、きっと。
頼りになるダーリンでうらやましい限りです。東京や大阪でさえ、ひとりじゃ迷子確実なワタシとしたら無理無理ですが、ま、まずはせめて英語かもしれません(笑。
冒険のつづき、たのしみにしてます♪

あ き ら #dI6DO0LA | URL | 2013/01/24 00:42 | edit

>あきらさん

見るからに腕っぷしは強くなさそうな夫ですが、それでも女性の独り歩きよりは断然マシでしょうね。わたしもさすがに一人では公共交通機関に乗る勇気はありません。その点は、今回夫のこだわりを通してよかったなーと思ってます。いろんな経験できたし思い出になりますしね。

英語は別に「出来れば楽しい」程度かと思います。多少聴ければ割と楽しいし、英語がからっきしな夫はこれをきっかけに英語を覚えようとするかと思いきや、「yesとnoとexcuse meだけでなんとでもなることがわかった」と豪語してました(笑)

柚子 #1Sembxyo | URL | 2013/01/24 21:42 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://forest0319.blog.fc2.com/tb.php/227-454610a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。