Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

得物の謎と前髪と夢の共演。 

 

ジェイクとティムさんの共演は、ここ2年間の私の夢なわけなんですが、なんとっっ、暗黒シス子様宅で、その夢の共演を見せていただいてしまいましたっ!!!

ジェイクがこんな風にキャラクターになっているのも初めて見たし、しかもティムと共演だなんて!もうテンション上がりまくりで興奮のあまり長々と意味不明なコメントをさせていただいてしまった(笑)
しかもこの作品中で描いていただいているジェイクが、よーーーーーく似てるんですよ、U-571の時の彼に。ジェイクファンなら要チェックですぞ!!

シス子さんの描いたU-571のジェイクが見られる、『忘れじの面影』再録してくださってる記事はコチラ


そしてこの作品の元になったのが、ジェイクが出ております、『U-571』です。(+『レザボア・ドッグス』『海の上のピアニスト』など)

U-571予告 

ジェイクの出ている映画で、ジョーブラックの次に見つけやすい(DVD買うだとかレンタルするだとかが容易)なのがコレです。が、今まで紹介せぬままでしたので、これを機に。
いつも通り、映画の本筋は無視してジェイクの見どころのみを中心に(笑)

ジェイクさんはハーシュ大尉、という役。

映画冒頭に近い部分、監督自らが「ここでまず人物像を描きたかった」と語るシーンで、ハーシュ大尉はなかなか強烈な登場の仕方をします。


ひと目で、エリートです!とわかる佇まい。
u-571-15

いきなりドイツ語(第二次世界大戦下のアメリカ海軍のお話ですので、敵国語ということになります)をまくし立てる。

相手は部下とはいえ、初対面の若者相手に机に腰掛けておる・・・(これは日本以外ではあまり態度が悪いとも言えないのかしら???)
u-571-4


いきなりのドイツ語攻撃に呆気にとられて何も言えない若者くんに、挙句に、「君はただのドイツ名前の田舎者なのか?」と嫌味たっぷり。
u-571-19


これが彼の人物像ですか、監督・・。かなりスカした、傲慢で嫌な男、ですね。

いやいや、でも見るからに育ちがよさそうだし。きっとお上品に育てられすぎて両親の愛に飢えて育っちゃったんだわ、ばあやだけが彼のことわかってくれてたのに、ばあやが死んでしまって彼は孤独の中に生きているのだわ、あぁ、可哀相。(注! ここは全部ワタシの妄想です^^;)

いざ潜水艦に乗り込むと、想像以上にボロくてあちこち水漏れとかしてて、はやくもちょっとビビるハーシュ大尉(カワイイ♪)
u-571-23


ベテラン乗組員たちは、多少の水漏れなど気にしません。
チーフ、と呼ばれる重鎮、ハーヴェイ・カイテルさん(^^)
u-571-22


気を取り直して、上官らしく作戦の指示を出します。ちょっとカッコイイバージョンに戻る。
u-571-24


んが、長続きせず。物凄い潜水艦の揺れの中で、みんな平然と食事をするのに、一人でマゴマゴする大尉。だってお皿がうごくんだもーーん。(しつこいようですが、カワイイ♪)
u-571-25



ま、なんやかんやありましてお話のメイン部分はガッツリ端折りますが(詳しく知りたい方は、DVDレンタルしてください)
ほんの数人の乗組員だけでドイツ軍のUボートに乗ることになっちゃったよー。

想定外の事態に呆然。
u-571-26


が、ここはドイツ軍の船。表示は全部ドイツ語です。コレは何、コレは何、と表示を読む、という彼にしか出来ない重大任務が・・。頑張ってます。
u-571-27


生意気なクチばかり聞いて和を乱す若気の至りを絵に描いたような部下、チーフに叱られている彼は、ERにも出てたマルッチ役のエリック・パラディーノくん。実力はあるんだけど自信過剰すぎっていうERでの役割とほぼ同じようなキャラです(笑)
u-571-29


急遽キャプテンになることになってしまったタイラー大尉(マシュー・マコノヒー すっかり言い忘れてましたが、本当は彼が主役)に、リーダーとはどうあるべきかを説くためにコーヒー両手にかかえてやってきたハーヴェイさん。妙に可愛いよ、Cal Lightmanばりの花がらエプロンつけてあげたいよ。
u-571-11 PDVD_221.jpg
(花がらエプロンとはコレのこと)
とかふざけたことしちゃいましたが、実は、ここがお話の重要転換点でありました。

ともあれ、なんやかんやあって(割愛ばかりでスミマセン。だって書くと見る楽しみがなくなるでしょ。レンタルしてちょ)、乗組員も一人減り二人減り。ずっと命の綱渡り状態です。
ドキドキの連続。ボクこんなの初めて・・・(とか言ったりはしていません。・・が・・・うろたえ具合がカワイイ♪)
u-571-32
このあたりからの前髪のタレ具合と弱り具合が、最初の傲慢さとのコントラストで、たまらなくいいのである!!(力説)


そして、最後の最後の作戦に出ることに。みなが死を覚悟しながらも最終作戦の成功に一縷の望みをつなぐ中、
ハーシュ大尉は新キャプテンにだけ聞こえるようにささやきます。
u-571-35

「作戦が失敗して怖いのは皆が死ぬことではない、誰かが生き残ってしまうことだ。」と。
u-571-38

「捕虜になれば酷しい拷問が待っている、そこから敵に秘密が漏れてしまうようなことがあってはならない。」
u-571-37

「その時は、誰も生き残らせるな」
u-571-36

誰よりもオロオロして見えた彼ですが、最後にはエリートとしての矜持を見せてくれました。

そして続く緊迫の連続。
u-571-30


どこからともなく得体のしれない音が・・・。皆が顔を見合わせる中、ハーシュ大尉だけ何かに気づきます。
なんだこれ、、、
u-571-5



あ!わかった!
u-571-7



ダッシュ!
u-571-1


で、

振りかぶって!
u-571-9


ガシッ。

(ぼ・・ぼく、ひ・・・人を殺しちゃったよぉぉぉぉ・・と思ったか思わなかったか。)
u-571-12


あ、血が付いてた・・
u-571-13


ハーシュ大尉の姿を見てすべてを察する乗組員たち。誰も、何が起きたのか一言も聞きません、誰も何も言わないのがかえって皆の気持ちが伝わる、良いシーンだった。
u-571-14


この時の得物(エモノ)が何だったかが速すぎで見えない、という話をシス子さん宅でさせていただいていたので、得物の見えそうな瞬間で静止!!。コンマ数秒です。でも・・
emono

うーん、最初は赤い鉄パイプに見えたんですが、柄は木で出来てる???
得物のアップはこんな感じ。
u-571-6

先に何か重いものがついている工具でしょうが、残念ながらよく見えません。特大カナヅチ?それとも、銛(モリ)??は漁船じゃないんだから置いてないか^^;



ともかく、


ハーシュ大尉の活躍もあって、助かりました、よかったーーー。こわかったよぉぉ。
u-571-8


ボク、もうクタクタです、お家に帰りたい。
u-571-20
よくがんばったねぇ、うんうん。


暗黒シス子さんの『忘れじの面影』再録では、この疲れきっているところに本命というか本家のご登場であっさりハーヴェイさんに捨てられるジェイクさん、かわいそすぎるところがたまらなく愛しいわ(笑)。

ハーヴェイさんの本命、参考画像(笑)
1900.png

『海の上のピアニスト』と『レザボア・ドッグス』を見ていないと、ハーヴェイ・カイテルさんの言動が謎に見えるかもしれませんが(笑)
どちらの作品も、まったくティム・ロスファンでなくとも観ていただいて決して損はありませんので、これを機会にこれらも是非是非レンタルででもご覧いただければと思います。もちろん、U571もね。

オシマイ。
関連記事

category: ジェイク@日本でも観られる作品

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

きゃ~スバラシイ!

柚子さん、リンクありがとうございます。光栄です!\(^^)/
この記事もスバラシイです。映画を見直さなくても済んでしまう、見事なまとめ!私もこの記事をリンク返しさせて頂きたいと思うのですがよろしいでしょうか?
(もしダメでしたら仰って下さい、外します。今から作業します!)

得物、謎ですね…でも取っ手が木材とは初めて知りました。ますます謎が深まりますが…。木材…潜水艦にあるもので、取っ手が木材…金槌かな~???

暗黒シス子 #- | URL | 2013/09/24 00:18 | edit

> 暗黒シス子さん

リンクの件、ご快諾ありがとうございます、写真多めなんでどうかなと思ってました^^;)
こちらへリンクしていただくぶんにはもう、不都合などあろうはずもなく、ただただ光栄です(*^。^*)。ありがとうございます。

さすがにこんなに写真ばっかりで、しかも主役がほとんど出てこないし、メインのストーリーは全部割愛な状態ですし、本当にまとめになっているかどうかは謎ですが、一部のジェイク・ウェバーファンにはこれで十分なんだと思います(笑)

得物、一時停止すれば確認できると思ったのに、甘くなかったです。残念。かなり長さもありますでしょ?ま、一時停止にもちょいと手間取るほどの早業だった、ということだけはハッキリしましたが(笑)

柚子 #1Sembxyo | URL | 2013/09/24 21:40 | edit

よく理解していないまま記事を読んだのですが、わかんないままでもたのしゅうございました。『海の上のピアニスト』と『レザボア・ドッグス』は観てるんですが、よくわかっておりません。にしても、ジェイクさんふぁんにはたまらないであろう表情の数々ですねっ。というか、ティムさんの方も。

いよいよエレメンタリーの宣伝もはじまっていますね。

あ き ら #dI6DO0LA | URL | 2013/09/25 11:06 | edit

>あきらさん

あはは、お付き合いThanks!です。やっぱわかりにくいですかね^^;。
レザボアって初見の時はいまひとつ良さがわからないままでした。2度めからが面白いんだわ、あの映画。今はMr.Orange(ティム)が好きすぎるMr.White(カイテルさん)の一挙手一投足を、うぉぉ、可哀相~~とニマニマしながら愛でています。たぶんこれは、同病相哀れむ的な愛(笑)

エレメンタリー、PRスゴイですね。力入れてるな~~~。
シェイムレスもいよいよですね。Season1からの再放送をちらっとみましたが、しばらく休んでいる間に免疫力が落ちてしまってて観るのしんどかったです。慣れてくるとはまるんだけどねー、あの一家(笑)

おかげさまで、新米刑事モースも録画出来ました。モースはホームズみたいな切れ者ってわけじゃないんですね!ストーリーの複雑さがホームズを超えるかも、ってことなのか。



柚子 #1Sembxyo | URL | 2013/09/26 00:18 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://forest0319.blog.fc2.com/tb.php/360-7e71da91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top