Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Dr. Matt Crower 

 

カテゴリを「ジェイク@日本でも見られる作品」にしてしまいましたが。「日本では(ほぼ)見られない作品」に近くなってしまっているかも。
実際問題、今、アメリカン・ゴシックを見ようと思うとなかなか大変。日本ではDVD化はないようです。せいぜいレンタル落ちのVHSがたまに中古で売りに出されている程度。
サム・ライミのゴシックホラードラマ、ということを思えばもうちょっと需要があってもよさそうなのになぁ・・・。
私はヤフオクでほぼ送料のみの値段でVHSを落札してとりあえず一通り日本語で鑑賞・・・と言っても、マット先生が出てくるお話のみ、そして・・VHSテープってかさばるので結局処分(^_^;)
あとはアメリカのAmazonさんでDVDを購入しました。
だって・・・・ジェイク演じるマット先生はとっても素敵。以前、マット先生の魅力について一度記事にした気がするのだけど・・

ゴソゴソゴソ・・・

ありました!★ここです。★

あれ、、、おもったよりちょっとしか書いてない。そして・・・なんで、マット先生の記事と一緒にトイレの写真とか載せてんだ(^_^;)

ドヨドヨとした重苦しさがマット先生の登場で一気に浄化される、という印象は今も変わらず。
浄化、ほんと・・そんな感じなんです。それまでずーっと息とめてたのに、空気が一気に綺麗になって深呼吸したくなる感じ。
しかも、このマット先生が聖人君子じゃぁないところがまたいいんだなぁ。ほんとはとても弱い。なんせワケあって元アル中ってくらいだし。弱いからこそ優しいし弱いからこそ強くなった人。そんな感じ。で、そのアル中になってしまった原因のところをこの悪魔の保安官ルーカスがえぐーーーくついてくるんだなぁ。あぁ、可哀相なマット先生・・・。

保安官のルーカスが牛耳ってるトリニティ(という町の名前なんですが、なんとも意味深)内において、この悪魔のような、というかもろ悪魔なルーカスに、おかしいことはおかしい、と正面きって言えるのは、よそから(わけありながら)流れ着いてきた都会人、マット先生だけなのだ。前半はこのマットVSルーカスが見どころの一つになっていたりします。


アメリカンゴシックのファンメイドビデオ。いきなり暖炉前で転寝のマット先生からはじまる♪


★こちらは、最近tumblerでみつけたもの、マット先生のgifです。★ (私のtumblrにとびます)

いやぁ、もう♪どれもこれも若くてかわいい。

ちなみに、マット先生の宿敵、というかほぼこのドラマの主役であるルーカス・バック役はゲイリー・コールさんという方。ザ・ホワイトハウスのボブ・ラッセル副大統領も彼でした。ウィルを取り込んじゃったりして、なんとなくやな感じなボブ・ラッセルさんでしたが、ルーカス役の時はなんとなくどころか、とんでもなく悪い役だったので、副大統領時のやな感じ度はたいしたことなかった(笑)
関連記事

category: ジェイク@日本でも観られる作品

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

アメリカンゴシックすごく好きなんですがDVDがなくて辛いです。
ビデオ発売してたメーカーに問い合わせたら、
現在は権利持ってないとか orz
海外ででてるDVDは収録の順番が変えられてるとかでファンには不評だったみたいです。
マット先生、小説版では違う感じのラストだったような。
ルーカス・バック保安官はトリニティに危害がある場合だけ守ったりしてましたね。
このときのジェイクさんは「優男」って感じだったのに、
他の作品では結構がっちり体型なんですね。

小泉朋 #7d0klI8U | URL | 2014/07/20 18:05 | edit

>小泉朋さん アメリカンゴシック

ビデオのメーカーにお問い合わせを??
素晴らしい熱意です!でも、その回答によると今後もDVD化の可能性はほぼない、ということですね。
海外版DVD、持ってるんですが・・そうですか。順番が???私はマット先生の出てるところを中心に観てたのと、英語聞き取りに難があるので(^_^;)批判できるほど理解できてないのですが、後半に行くにつれだんだん理解できない度が上がっていったのは確かです。特にマット先生が出なくなってからは理解しようとする熱意も足りず、という面もありますが(笑)

ルーカス・バックは、最初はただの悪いやつでしたが、ケイレブに対する態度を見てると、こいつにはこいつなりの理屈がちゃんとあるんだなぁ、なんて思って面白かったです。
マット先生の最後、小説では違うんですね。。。さらに可哀相なことになってたら嫌だなぁ(^_^;)
ケイレブ役の男の子、目力が半端なかったですよね。さっき調べたらちゃんと途切れることなく役者業を続けているみたいでした。
あ、あと、ケイレブの担任の先生、学校の先生の割にありえないほど色っぽかったですよね(笑)

>このときのジェイクさんは「優男」って感じだったのに、 他の作品では結構がっちり体型なんですね。
はい、そうなんです・・・ガッチリというか、ま・・年々着々と、年相応の欧米型体系に・・・(笑)

柚子☆小泉朋さん★ #1Sembxyo | URL | 2014/07/25 02:25 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://forest0319.blog.fc2.com/tb.php/442-cd59b81d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。