Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ジェイクファン的『ジョーブラックをよろしく』の見方 (ドリューの気持ち編) 

 

今日何件目?5件目か。一日の更新件数自己記録を更新しましたね。

ジェイクファン的『ジョーブラックをよろしく』の見方 (邦題問題編)はこちら
ジェイクファン的『ジョーブラックをよろしく』の見方 (正当・映画本編)はこちら

さてさて、ジェイク演じるドリュー君をメインにみてみましょう。
Yahoo映画のフォトギャラリーに1枚だけドリュー
素敵♪背の高さも素敵♪はらりと一筋落ちてきた前髪も素敵♪でも眉毛はちょっとだけ整えてあげたい(我ながら・・・バカだなぁ)

エリートでクールな男、ドリュー
(なぜいつものように自分でキャプチャをとってはらないか、有名な俳優が出すぎてるからです。版権問題怖い。じゃぁ他の作品はどうなんだ?ってことですが(^_^;))

以下、いつものような徹底的なネタばれはないですが、勝手なドリュー観に基づいた解釈ですので、これからご覧になる方が先に読まれると変なイメージを植えつけてしまう可能性があるかもしれません。ご注意ください。

ドリュー君は大変優秀です、超エリートです。ここまではちゃんと映画にも描かれてます。
しかし実はかなりの苦労人で、過去にはつらい思いをいっぱいしてきた、というよりし過ぎてきた人なんじゃないでしょうか、と思っています。彼の気位の高さと野心の高さ、自分のために人を陥れることへの抵抗のなさはそうとしか思えません。
これは100%私の勝手な想像の設定ですが、彼の成功への飢餓感はすさまじい、成功を手に入れるためには自分以外の全ては取るに足らないものなんですね、きっと。やはり子どものころに何かとても辛いことがあったんじゃないでしょうか。気品があるので元々は上品なおうちの生まれに違いないのですが、何かがあってそれが足元から崩れたのじゃないでしょうか。苦労して苦労して、ボロボロになりながらも、メディア界の大御所の右腕までのしあがってきた。彼の娘ともう少しで結婚できそうだ、そうなれば俺は次期社長じゃないか。ようやく昔の幸せを取り戻しかけた。
そんなところにひょっこりわけわからないジョー・ブラックなんて男が出てくるんですねぇ。しかも挙動不審で意味不明な言動をとる。なのに恋人は寝取られるし・・。
スーザンがジョー(ブラピのブラックのほうね)に惹かれているのをみてとったドリュー君。あからさまに不快感を表しますが、ジョー(ミディアムのほうのね、うん、ややこしい)のように理性的に二人の関係を大切にしようという努力など一切しません。ジョー(ミディアムの)なら「ねぇアリソン、僕に何か不満でもあるの?そこに座って、ちゃんと話し合おう」とでも言いそうですが、ドリュー君は・・・

「君には失望した」「不愉快だ」

以上です。バッサリです。一刀両断です。言い訳する猶予も与えません。(1年以上前に観たきりなので台詞は違うかもしれませんが、確かそんなんだった)
自尊心が高いのですなぁ。恋人の存在よりも自分のプライドを守ることの方が断然重要なのです。この辺が一般観客にとってドリューがすっかり悪役、感じ悪いわねこの人、ってところの所以であり、しかもスーザンがジョー(ブラック)に傾いていくこをと正当化、というよりむしろ奨励したくなるところでもあると思うのですが、私なんか完全にドリューに肩入れしてみてますからね、
ドリュー、きみってなんて可哀想な子なの、愛を知らずに生きてきたのね、どんな孤独な人生だったのかしら、痛々しいわ、てなもんです(笑)プライドを守らなければ、彼の世界の何もかもが崩れ去ってしまうとでも思い込んでいるかのようです。自分を守るだけで必死だった子ども時代(私の勝手な妄想だけど)のまま大人になってしまっているかのようです。可哀想に、一番弱くて辛かった時に誰にも手を差し伸べてもらえなかったのね・・・くすん。

しかも信頼してた社長はジョー(ブラック)の言いなりだし、自分が思い描いていた将来の自分のものになるはずの会社の展望までジョー(ブラック)なんていう奇人に台無しにされようとしている。
この映画の中では悪役ドリューくんですが、そのような設定だと思って彼の立場でこの映画を見てみると、世話になったはずの社長相手にためらいなく反旗を翻すのも無理もない、というように見えてきます。
少なくとも、ドリューの立場からすれば、プラピのジョー・ブラックはとんでもない疫病神ですよ(ま、死神だから似たようなものだけどね)ドリューにとっては、変な奴が出現したために大事な大事な将来の自分の会社、自分の思い描く未来をめちゃめちゃにされないためには当然の行動です。彼はエリートだし頭は切れるし、その上行動力もあるのです!(絶賛)

ドリューくんはたいそうクールなキャラで通しているので、どんなにはらわた煮えくり返ったとしても、ブラピの顎をつかんで、「ここまで来るのにどんな思いしてきたと思う!何年かかったとと思う!」「なんでお前なんかに邪魔されなきゃいけないんだよ」「ちったぁ考えろよな、他人の気持ちもさぁ!」などとものすごい形相で凄んだりしません・・久保明のように(わかる人だけわかればよろし。しかしジェイク・ウェバーなら久保明はぜったいにハマる)
ただ静かに、冷静に、自分の取るべき道を計算し実行します。繰り返しますが、彼は頭も切れるが行動力もあるのだ、なんて素敵(笑)

前の記事でこの映画は「限りある生をいかに生きるのか、人は自分のタイムリミットを知った時に何を思うのか」というのがテーマです、と書きましたが、ドリューだけは残りのタイムリミットを知らされようと、いっさいぶれない気がします。クリスマスキャロルのスクルージのように(我ながらなんてヒドイたとえなんだ・・、ドリューはそこまで悪い人じゃありません)これからの生き方を変えたりなんかしないと思います。一本、筋が通っているのです。彼には成功して幸せになることよりも、とにかく成功を自分の手でつかみ取るという事実のほうが重要なんじゃないだろうか。

・・・全て私の妄想ですけど(笑)

ブラピのジョー・ブラックに肩入れしてみる、とまた別の側面が見えてきますね。
死神という職務をこなしながら、おそらく何万、何十万年もの間、ただひたすら人の命を刈ってきて、ついきまぐれに人という生き物を体験した死神ジョー。ちょっとだけ思いやりとか愛とかの片鱗を感じてしまったジョー(しつこいようですがブラック、ね)。この先また何万年も孤独に耐えられるのか、今までと同じように淡々と人を刈ることができるのか・・。

スーザンにしたって・・・、と、おっと、これを書くと物語の最後の最後のオチがネタばれるので書かないですが、そのままってわけにもいかない気がします。

長々と書きましたが、別に私は悪役キャラが特別好きなわけではありません。ジェイクにはまったのだってジョー(ミディアムの。善人で良き夫の見本!!!)きっかけだし。でも、悪い役を魅力的にこなすことができるジェイクも役者さんとして素敵だと思います。こんだけ妄想させられるということは、ただ私がジェイク好きだからじゃなく、ちゃんと彼が役を作り上げている、ということだと思ってます。以前、別の俳優さんが言っていて、本当にそうだなぁと思って印象に残っていることがあります。悪役でも、その人物は自分で自分のことを悪いと思っているわけではないと思う。悪役でもそれぞれ自分なりの理屈や思いがあって、そうすべきだと思うからそうしているだけ、というようなこと。その思いが演技で伝わってくれば、それはただの悪役ではなく、悪いけどとても魅力的な人になるのではないでしょうか。
関連記事

category: ジェイク@日本でも観られる作品

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

女版ドリュー

こんにちは。
ジェイクの作品を見ると、全く違ったキャラクターにもかかわらず、
どの役も見事に演じていますよね。彼の演技力の高さに
また「素敵♪」となってしまいます。

社会的成功を一心に願い行動するドリューは「私みたい・・・」と思っています。
目標を掲げ、もりもり行動して、時には反旗を翻して、人をばっさり切ることにも
何とも思わない・・・。まるでわたくしのようです。

でも今は、目標を見失い中です。

AI #BPVKXLjE | URL | 2012/08/22 15:10 | edit

AIさん

おぉ!女版ドリューですか!!カッコイイ!
でもAIさんもミディアムのジョーもお好きでしたよね。割と反対のタイプのジョーに惹かれるというのもとても興味深いです。
私は逆に調和を気にしすぎて主張しきれないタイプです。だからジョーには癒されますが、ドリューには憧れのようなものがあります。同じようにしたいと思うことがあったとしても勇気がないタイプ。
でも、死神が来たわけではありませんが、親の年齢とかもあって自分で自分の時間を自由に使える期間のリミットが見えてきた今、もっと思い切らないといけないのではないか、別の生き方をしてみていい時期かもしれないとと思うことが多くなりました。
目標はまだはっきりとは見定めていませんが、大いに模索中です。
ご自分で女版ドリューと言い切れるAIさんには、きっとまた大きな目標が見えてきますね。この映画ご覧になりました?ドリューの映画の中での終わりはあんなでしたけど、絶対にあのままじゃないですよね。いくらでも、どこででも彼は彼として生きていけるような気がします。・・・なーーんてことまで思わせてくれるジェイクのお仕事は、やはり素晴らしい、ってことで。

柚子 #1Sembxyo | URL | 2012/08/23 00:29 | edit

映画見ました

柚子さんこんばんは。

未だ目標見失い中ですが、励ましていただいてとても嬉しいです。
就職活動のときは人と違う「きらり」とするものを積極的にアピールしなくてはならず、
いざ就職すれば、その個性を抑え、ある程度周りの人との調和を保たねばならないのが
日本の変な社会ですよね。

生粋の日本人ですが、下降志向の同僚どもにあきれて、でも自分をそこまで落とす気にも
なれず、悪者になって上昇志向でいます。

たしかに、ドリューは絶対にあのままではないと思います。そう考えると自分にもまだ
可能性があるのかな・・・と勇気付けられます。

ジョー(ミディアムの)のお父さんが時々現れて、「ジョーは実力さえあれば何とかなると
思っている、やつに足りないのは人を動かす力(人脈)だ」みたいな事を言っていましたよね。
実は私はこれも足りなくて、人を自分の足がかりみたいに扱うところがあるので意味合いは違えど
まだまだ世渡り下手だと思います。

でも本当に人生限りがあるもの。我慢ばかりではもったいないですよね。

作品を通じていろいろ人生観を語れるなんてジェイクはやはり素敵です。

AI #BPVKXLjE | URL | 2012/08/27 18:38 | edit

>AIさん

お疲れ様です。
確かに、日本は学生のころと社会人との世界が違いすぎる気はしますね・・・といっても海外経験は皆無なんですが。
高校の2年間、すごく良いクラスいいたことがあります。めちゃめちゃいいリーダーに恵まれたんです。それまで、”ガリ勉=カッコ悪い””頑張る=ダサイ”という学生生活だったのが、一人のリーダーの出現で180度変わったんですよ。「今頑張らないでいつやるの?」「目標に向かって頑張るのって楽しい!」そんな空気を作ってくれました。みんなガンガン成績が上がったし、勉強だけじゃなくクラスマッチでも文化祭でも合唱でもなんでもいつも校内でトップで、本当に何をやってても楽しかった。ちょとだけあったイジメの気配もあっという間に消えました。彼女だって当然高校生ですから、コーチングとか学んでるはずもなく、きっと天賦の才だったんでしょうね。今は起業して女社長やってます。なかなかそんな人に出会う機会は少ないですけど。
社会に出てからも似たタイプの上司に会いました。が、その人はあっという間に昇進してアメリカに行っちゃいました。
今は、基本は個人プレーでもOKみたいな仕事をしてますが、でもやっぱり組織はあって、リーダーに恵まれている期間はとてもいい空気で前向きに頑張れます。基本的に横の協力が個人の仕事にそんなに大きくないはずなんですけど、やはり何かが違うんですよね。モチベーションって大事なんだと上司が変わるたびに思います。いい上司はそれだけ色々風当たりを受けてくれているところもあるようでなかなか長くいてくれませんけど、上司は私たちを守るつもりで、私たちは頑張ることでこの上司を守りたいなと思ったときに、すごくいい結果がでているのを実感しています。
そんなに上司にばっか期待しないで自分が人を引っ張ればいいようなものですが(いい年なんだし)、私は多分AIさんとは違う方向で人を巻き込むのが苦手な方です。人に任せることが怖いんですよ、自分の見える範囲で進行してないと不安なんです、不安になるくらいなら自分で全部抱えたほうが精神的に楽なもんだから、結局、いいよーーなんて言って全部一人でやってしまって結局一人で疲れてます。結果を出せて、すごいねとか言われるとそりゃ気持ちいいですけど、でもそれじゃぁいつまでも自分一人だけで出来る範囲のことまでしか出来ないな、とも思ってます。みんなで頑張ってすごくやりがいがあった時の記憶があるのでなんかちょっと虚しいものも残ります。今『踊る大走査線』の再放送とかよくやってるじゃないですか、あんな感じですごく熱くやれてたし「室井さんは上に行ってくれ、そして組織を変えてくれ」と本気で思ってました。・・別に、上司は室井という名前じゃなかったし刑事でもないですけど(笑)

自分のことばっか長く語ってすみません。AIさんの「調和を保たねばならない」という言葉に反応してしまったです。そういう表現になってしまうのは、調和するためにはやる気のないフリをしなければならない、なにも目標もなくただ楽な方に流れているフリをしないと調和できない状況におかれてしまっているのじゃないかな、と思って。”ガリ勉=カッコ悪い”と同じみたいに。それ、すごく嫌ですよね。想像しただけで温和な(?)私もイライラします。それって余計なエネルギーですよね。
でも、それは上昇志向のAIさんが悪いのではなくて、そのような状況を作っている上司や会社に責任があると思います。上昇志向の人が自信を持って取り組める環境を作るのが上司の仕事ですから、出来れば上昇志向の人同士で協力体制がとれる空気を作れれば尚よろしいのですけどね、そんな上司も、時には・・・います・・(^_^;)もっと頻繁に出会えたり、いっそ自分がなれたりするともっといいのでしょうけどね。

柚子 #1Sembxyo | URL | 2012/08/28 22:46 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://forest0319.blog.fc2.com/tb.php/83-9c2fe04b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。