Forest ~ジェイク・ウェバー好き~





海外ドラマ『Medium』でジョー(ジェイク・ウェバー)にはまりました。

ちょいちょいティム・ロスやスタートレックも。
いいとしして急に思いついて始めたばかりの初級英語学習についても
ポツポツ呟きます。

ジェイク超最新お仕事情報 "easy" Netflix 小泉さん超絶感謝 

 

ジェイク情報ない上にPCが固まりまくりなもんで(そろそろ一度リカバリが必要だけど一日仕事になるのが面倒でのびのびに・・・)開店休業状態のこのブログに天使からのお知らせが舞い込みました。

小泉さんから「Netflixのeasy7話にジェイクが出てますよ」という情報!
なーーにーーーーー?????

ブログは開店休業だけど、ジェイク情報検索は怠っていなかったわたくし、時々IMDBより情報早いtumblrの検索も昨日やって、やっぱり何もひっかかってこなかったのに・・・easy???何それ、初耳!!!と大慌てしまして。
再度、"jake weber" "Netflix" "drama" "easy"でググりましたけどそれらしき情報はなく。

でも、確かにジェイクなんです。小泉さんがわざわざツイッターのほうにくださったツイートに張り付けてあった写真はどっからどう見てもジェイク、しかもまた更に年取って(コラコラ)間違いなく最近のジェイクなんです。

ということで、これはもうこの目で見るしかない、とNetflix登録してみてみました。

出てる、出てますよーーー!!
Netflixオリジナルドラマのようです。1話30分もないくらいの。その第7話の中ごろに五分ほどジェイクがでてます。
デニムっぽい色のシャツを着て、いいなぁ、、この手のシャツ着せたら世界一だな(笑)どんなおしゃれな恰好よりこのシャツが似合うと思う。
easy.png

話題は白髪がどうしたとか、メガネが必要になったとか膝が痛いだの背中が痛むだのと年齢を感じさせるものばかりでしたが(笑)そこがリアル。

しかも、べッドシーンありです、というか、出番の4割くらいはベッドシーン。これまた・・なんともリアルなベッドシーンです。
ジェイクのベッドシーンはそう多くはありませんが、なんていうか・・今までで一番生々しくて、それが逆にエロくないというか。
背中いたくても膝が痛んでも、大人もsexはするんだよ、当たり前でしょ、みたいな。とっても日常を感じさせるベッドシーンでした。

Netflix、お試し無料もあるので、興味のある方は、というかジェイクファンならぜひ一度お試しを。
他に、ジェイク作品では「ドーン・オブ・ザ・デッド」と「狂っちゃいないぜ」(髭の管制官)がみられますよ。

category: ジェイク@日本でも観られる作品

tb: 0   cm: 6

△top

『ティム・ロス・ファンへの80の質問』. 21-30 

 

細切れに投稿すればどうにかなるかと思いきや、結局長々時間かけすぎて1か月たってもあまり進みませんでした(^_^;)
相変わらず、1問に対する返答が長いので折り畳み記事です。

-- 続きを読む --

category: ちょいちょいティム・ロス

△top

『ティム・ロス・ファンへの80の質問』. 1-20 

 

6月のロンドンレポはまた夏休み明け後にさせてください、すみません。
。。。夏休み、、会社辞めても恐怖の夏休み・・・
結局似たような職種やってる限りこれはずっと続くんだろうなぁ、、、なんて愚痴は置いといて


ということで、ここから数回に分けてティム好きさんへの80の質問にこたえようと思います。

だいぶ前から取り組んでるんですが、一度書き出したら長くなってしまうタチ、そのうえ何度も読み直して修正したいタチなもんでなかなか完成しなくって。

でも、また更新が途絶えて広告出てきたので、分割しながらUPしようか、という作戦を思いつきました(姑息)

20まででも十分に長いので、折り畳み記事にしますね。

読んでくださる方は、↓の「続きを読む」をくりっくくりっく~~~~♪
-- 続きを読む --

category: ちょいちょいティム・ロス

tb: 0   cm: 6

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その10 英語問題編 

 

ロンドンレポ⑤
まだまだトイレ問題。というか英語問題ですが、
アメリカではrestroomで通じたんです、でも今回はyou mean bathroom?と聞き返されました。バスルーム。。。なんか抵抗ありますよね。
別に風呂じゃないんだけどなーって。いや、ロンドンでbathroomっていうのならそれに従うべきなんでしょうが
なんとなく抵抗あったので、そのあとはイギリスのドラマや映画でよく聞くlooを使いました。それで聞き返されることはなくなったのできっとよかったんでしょう。
見ててよかった海外ドラマ(笑)
ちなみに、ドア表示にはtoiletって書いてありました。トイレ、って言えばよかったのかもねーー。
とりあえず私は今後はアメリカではrestroom イギリスではlooでやっていこうと思ってます。

ロンドンレポ⑥
英語問題がらみで。
お店でのショッピングで、「この店はじめて?」と何度か聞かれました。
たいがいは、お得意様登録するとセール情報のメールやはがきが届くから登録しない?というお誘いです。
はじめてだけどさぁ、、登録してセール情報もらっても、じゃぁ行ってくるか、と気軽に行けない距離じゃないですか、ロンドン(笑)
なので、日本から来たから、その情報私には必要ないと思うわ、って言いたかったんです。
で、Coz I'm from Japan.まではいいとして、その次に反射的にI thinkと言ってしまってたことに話しながら気づきました。
I thinkって言ってしまうとI don't need it.と言うしかないじゃないですか。でもねーー、違いますよね。
この場合、I don't think I need it.が自然な形だと思います。
知識としては最初に否定を持ってくることはわかってるんだけど、反射的にこんな場面で出てこないんだよなぁ~~~。


ロンドンレポ⑦
続く英語問題ですが。
前回の反省に立って事前にだいぶイギリス英語に耳ならしして行ったので、聞き取りにはさほど問題は感じませんでしたが
こっちの言うことを聞き取ってもらえない、という悲しい事態には何度か遭遇。
もちろん何度かゆっくり言い直せば通じますけども、なんか悔しいじゃないですか。
なので、暇そうでフレンドリーそうな店員さんをみつけ次第、会計時の雑談ついでに
ねぇ、さっき私の言った英語聞きにくかったじゃん、正しい発音教えてくれない?ってお願いして発音練習させてもらいました(笑)

聞き取ってもらいにくかった単語リスト、
その1、coffe。数回、怪訝そうな顔された単語。coffe・・・コーヒーとは言うてないつもり、一応カフィに近い発音してるつもりなんですがねぇ。一瞬間があって「あ、珈琲ね」と納得されている気配が悲しい。

その2、beer これも一瞬怪訝な顔になってから、which one?と種類を聞かれる感じ。最初から、飲みたい銘柄のところで「これ」って指させばいいんだろうけど、それだといつまでたってもうまくならないから、と意地はってみました(お店にとっては迷惑です、忙しそうな店では真似しないで下さい)

その3 ビールつながりで Lager(ラガー) パブではせっかくだからエールを飲みたいと思ってるんだけど、やっぱ2杯目くらいには冷えた泡の立ってるやつ飲みたくなります(笑)なので、ラガーちょうだい、って言うんですけど・・・。これがなかなか一度では分かってもらえないです。ティムが・・っちゅーかライトマン博士がやってるのの真似したんで、注文の仕方は間違ってないと思う、ので多分発音の問題なんでしょうねぇ。相手が一瞬、へ?って顔になる。。ので、not ale って付け加えると通じます。でもねぇ、、、一発で聞き取ってもらえるようになりたいなぁ。Lとかも気を付けてるつもりなんだけどねぇ。。
2年前はそれが面倒でギネスばっかり注文してましたけど、今回は頑張ってみました(笑)

その4.言いにくく一番聞いてもらいにくかったのはかったのがこれ、elderflower(ハーブの名前)です。
私はこのエルダーフラワーの味が大好きで。レストランとかでもエルダーのジュース置いてるところならぜったい注文したいし、ハーブティーも山のように買い込んで帰りたかったんです。だって日本でなかなか飲めないんだもん。ただ、これの発音が一番苦戦しました。
エルダーのrで巻き舌になってるすぐ後にflowerのLがやってきてそのあとにまたすぐRが来るじゃないですか。
ゆっくりいえば聞いてもらえるけど、急いでいうと「Earl Grey?」とか聞き返されちゃってがっかりだったんですが
練習後には聞き返されなくなって心の中でガッツポーズでした(笑)

whitterdのおねーさん、東インド会社のおねーさん、にはだいぶ練習に付き合ってもらっちゃいました。お客さん少なそうでヒマそうだったので(笑)
二人とも、親切にしてくれてありがとう~~~。
ちなみにどちらも、試飲いっぱい勧めてくれて立ち寄るだけで楽しくって、もちろんお茶もおいしいお店でした。

category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 8

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その9 トイレ問題 

 

ロンドンレポ③
これも今回体験してよかったような悪かったような。。なのは、ロンドントイレ問題です。
ガイドブック等には書いてあっても、メインとなる観光地を回っている分にはあまり意識しないロンドントイレ問題。
今回は主な観光地じゃなくかなりマイナーな、、たとえばドラマのロケ地だとか(スピーディーズカフェね)変なところばかりまわってたのでとたんに直面しましたよ。
それでも予備知識でトイレの予定だけはたてておこう、とは思ってたので、行程のあちこちに大きめの建物(大型書店とか、大型ファッションモールとかを組み込んでたんですが、さぁトイレだ、と思っても・・・・ない!!
本屋にしろお洋服屋さんにしろ、地上3階地下1階くらいの規模の店だったので、まさかトイレがないとはおもわず。しばらく表示を求めて探し回りましたがみつからず。
諦めてお店の人に聞いてみたら、

まさかの「ありません」という答え(+o+) 

う・・うそやろーー!って思いました。というか、言いました(笑) のーうぇいーーー(小声・でも聞こえる程度に(笑) 今考えたらちょっと失礼な東洋人)
んでもって、「どこに行ったらええの?」ときくと「徒歩2分くらいのところにマクドナルドあるからそこへへ行け」という答え(笑)
仕方ないから行きましたよ、マクドナルドへ。しかも、マクドナルドも入って見渡しただけではトイレが見えない。
本当は注文などせず一直線にトイレに直行したいけどその勇気もなく・・・くーーー小心者の私。
なのでとりあえず飲みたくもないコーヒー注文して、トイレの場所聞いて、、地下だっていうから地下に下って、、今度は激混みで席がない(;_:) トイレはあったけど片手にコーヒー持ったまま入りたくないし、できれば飲んでから、、
こんな時日本人はダメですね~~。今思えばコーヒーくらい席なくてもその辺に立って飲めばいいのに、その時はそんなこと思いつきもせず、バカ正直に椅子が空くの待ちましたよ。
しばらくまってようやく空いた席に陣取って、トイレに行きたいのに飲みたくもないコーヒーを半分くらい飲んで気付きました、、このコーヒー、量多いっっっ!!!!みると300ミリリットルの表示。コーヒーだけ300ミリリットルって、なかなか一気に飲める量じゃありません。
しかもトイレ行きたいときに(笑)
半分のんであきらめて、残りはなんか申し訳ないけどトイレに流しちゃいましたとさ。

せこいようですが、トイレのために飲みたくもないコーヒー飲んだ御代、1.5ポンドなり。計算はもういたしませんが、、なんか悔しくてレシートと一緒に写真撮ったさ(笑)
IMG_1250_20160701025513e1a.jpg
珈琲の向こうにちらっとうつってるぐちゃぐちゃの紙は全然知らんオッチャンの食べかけの袋。えぇえぇ、相席しましたさ。しらん外人さんと。そんだけせっぱつまってましたんです。


ロンドンレポ④
続くトイレ問題。
ロンドントイレ問題、もう一点経験しました。
それは、有料トイレ問題。前回行った時はまだ有料トイレも有人だったんですよ、おばちゃんがいてその人にお金払うみたいな。
今回行ってみるとどこもかしこも駅の改札的なバーが設置されておりました。
改札の、切符とか入れる感じで直接コイン投入する形。だいたい20ペンスから30ペンス程度。
で、ここでまた日本では考えられない問題が!!!!
20ペンスとか半端なコインを要求するのに、両替機は設置してない!!!!!!
わたしはたまたまお財布見たら小銭持ってたのでラッキーでしたが、出る時に外人さんに何度か声かけられましたよ。
「小銭に両替してもらえない?」って。さすがにそんなにたくさんは持ってなかったから、ごめんねーーって言いましたけど。
しかも、、きたない話で恐縮ですが、金取ってるくせにそのトイレ、よく流れなかったりするんですよね。もうねぇ、、日本じゃ信じられないですよね。
旅行終わってポンドを円に戻すのにも、小銭は両替機で両替できないから、これまではできるだけ小銭を減らしてたんです。
コンビニとかスーパーに寄ってセルフレジで小銭はできるだけじゃらじゃら使って手元に残さないように、って。
でも、今回は二日目からはトイレ用につねに20ペンスと10ペンスをいくつか持ってまわるようにしました。
なにもかもが自己責任自己管理の国なんだなー、というか、たぶん、日本が至れり尽くせりすぎるんでしょうね。



DSCN1671.jpg
これは、前に写真をのせた、9と4/3ホームがあるキングスクロス駅、ハリポタショップすぐ横のトイレのです。
トイレ使いたきゃ30ペンス入れな、でなきゃ通せんぼだからね、です。

category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 4

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その8 地下鉄編 

 

ここからは、帰国してすぐに「えいぽんたん」というアプリのつぶやき欄に投稿していた短い報告文を転載していきたいと思います。
英語学習アプリ仲間から「ロンドンってどんなところでしたか?行ってみたーい」などという声をもらって書いた文なので、観光案内的ではなく、ロンドンの街の感想が多いです。今読むと、帰ってきてすぐ書いてる分記憶が詳細だわ、と思います(笑)

つぶやき欄なので短めの分をちょいちょい投稿してました。それをまとめて転載します。
ちょっと話が前後することがありますが、ご了承ください。


ロンドンレポ①
ロンドンのお天気が不安定なのは有名ですが、今回は大変お天気に恵まれ
雨に降られたのは滞在中たった一日でした。前回訪れたときには滞在中ほぼずっと傘さしてましたから
今回のお天気は奇跡のようによかった、と言えると思います。
雨の降らないロンドンってとにかく素敵(笑)雨降っちゃうと素敵な街並みを見る余裕もなくなりますからねーー、寒いし。
ロンドンでは、ランチまでは夫と一緒に行動して、そのあと夕刻まではそれぞれ毎日単独行動しました。
今回は夫も英語の勉強頑張ってくれて、自分一人で大丈夫と言ってくれたので、今回は心行くまで一人での地下鉄やバスの乗り換えにも慣れ、お買い物を満喫しました。

ロンドンレポ②
今回滞在中に遭遇できてよかったのか悪かったのか。やっぱり経験としてはよかったのかな、なのがロンドン名物・・・
のなんだと思います???
えへへ。
それは、「とまる地下鉄」です。
ロンドン名物、地下鉄の運休にまるっとあたってしまいました。
今回土日にとまってたのは主にサークルライン。名前の表わす通り、山手線のようにロンドン市内の中心部を環状に走っている線が二日にわたって全面運休(笑)
DSCN1673.jpg
日本じゃ考えられませんよね。土日に山手線が全面運休したら・・・あぁこわっ(笑)
サークルラインが運休しても、それに沿って別のラインも走っているので、乗継乗継を繰り返せば目的地には一応たどりつけますが
この乗り継ぎがね~~~~
東京の大きな駅なんかもそうですけど、乗り継ぐだけでけっこう大変だったりしますよね。
ロンドンの地下鉄はとにかく地下の深さが半端ない上に、エスカレーターやエレベーターはあるのに、
なぜか半分くらいは階段だったりするんです。階段で1階分登って、そこからエスカレーターで2階分くらい登ってさらにもう一回階段を上る。
別のラインの改札に移動して、階段下って、そのあとエスカレーターで下って、さらにまた階段で下ってようやく乗り換え完了とか。
こんだけ深く掘ってるくせに、なぜ全面エスカレーターにしないで途中で切っちゃうんだよーー!!!!です。
ロンドンついて二日目にはしっかり足が筋肉痛になってました。最近階段の上り下りとか家の中でくらいしかしないからなー。
IMG_1295.jpg





category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 2

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その7 タワーブリッジ周辺編 

 

今回、いや、前回??ほら、レポ書き終わる前にまた行っちゃうからややこしいことに。。
とにかく、今年2月のロンドンで「再訪してよかったー!!」のが、このタワーブリッジです。
DSCN0262.jpg
タワーブリッジ、2年前も言ってたんですが、大雨だったんですよねーーー。で、傘挿して、「でかいねー」と言った後は
お土産屋さんで雨宿りあんど寒気しのぎしまして。別にストーブとかで暖を取ることはできないけど、外の横殴りの雨よりはまし、みたいな(笑)あまり堪能できた感がなかったので、今年2月に再訪。
この2月の旅は、ほっとんど雨に降られなくてあの時期にしてはすっごいラッキーだったと思います。
で、傘ささないで思う存分外から眺めて良い気持ちになったところで、橋の上の段・・写真見てもらえばわかるかな?
車とかが通る橋の上にもう一本細めの横棒がわたってるでしょう??オリンピックの時に5輪がかかってたあそこ。
この写真では王冠マークみたいなのが見えるあの部分です。
あのなかを渡りましょ~~というのに参加しました。たしか9ポンドだったかな。円に換算すると。。やっぱ高いんだけど、
ここまで来た航空機代考えたらいちいちケチってたら逆にもったいないということで。


DSCN0254.jpg

完成が1894年だそうだ。
1894年てさ・・日本はまだ鎖国してたんじゃ???イギリス・・スゲー。
(すみません、ちゃんと調べたら明治になってました。でもイギリススゲー)
綺麗に塗り替えられた外観とは違って、中は茶色の鉄骨がむきだしでした。
てぶれで申し訳ない
DSCN1684.jpg

鉄骨一本一本もごついなぁ。そして、壁はやっぱり煉瓦。橋の内部も煉瓦なのね~~~。
最初は外観も茶色だったけど、女王命令によって今の色に外側が塗り替えられました、とか当時の苦労のVTRとかふむふむと見ながらわたっていくと、途中で床が!!




DSCN0237.jpg


透明!!

DSCN0235.jpg

こわっっっ
よく見てもらえればわかります。私の足、下に鉄骨が渡っているところ以外踏み出せませんでした(笑)
割れないのはわかってるんだけどねぇ。はじめて、もしかして私高所恐怖症???と思いました。



DSCN0259.jpg
機械室では跳ね橋の上がる仕組みなど学べるようになっております。デカイ!!!
IMG_1293.jpg

そして、なんか機関車っぽい仕組みがいっぱいでした(←説明が英語で書いてあるのでよく読んでない)


タワーブリッジからは徒歩で、2年前にこれまた雨宿りによったヘイズカレリアへ。

ここはおしゃれな商業施設なんですが、楽しみにしてたのは、動くすんげぇかっちょいいでっかい船のブロンズ像なんです。
んがっ!ご覧のとおりなんか修理中???当然動いてもいない。
がちょーんでした。
DSCN0273.jpg

2年前のお舟。
DSCN0825.jpg


そして、もう一個のお目当ては年がら年中クリスマスグッズ売ってた可愛いお店だったんですが、どうやらここも移転したらしく飲食店にかわってました。またまたがちょんです。

こちらも二年前。うつってるアリエル(仮名・うちの長女)も2年前。あたりまえ。
DSCN0823.jpg

category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 0

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その6 自由行動編 

 

帰ってきたーーー!です。
んが、まだ2月レポがおわってないので、その続きから、です(笑)

今回(というか前回)の旅のメインは、やっぱそれぞれの自由行動でした。

わたしは、何はなくとも本屋!!!!!
前々回、たまたま入ったハッチャーズ (Hatchards)という本屋が超印象深く、すごい素敵空間だったので、今回は思う存分本屋に入り浸りたかった。
そこで、いつもお世話になりっぱなしの暗黒シス子さんに、今回もまた「シス子さーーん」と泣きついて、事前に本や情報をいただいてたのでした。
IMG_1282.jpg

IMG_1284.jpg
けっこう何件か回ったんだけど、写真に残したのはこれくらいでした(^_^;)
今回印象に残ったのはやっぱり、このドーント・ブックス (Daunt Books)です!店の中がね~~、あまりにも素敵なんだけど、人は結構いるのに図書館以上に静まり返った、ザ・大人の本や!通のための本や!って感じで、シャッター音響かせて写真撮るのははばかられました。でも、よかったよーー、すごい良かったよ。ずっとあそこに潜んでいたかったです。

本屋をたくさんまわって、結局買ったのは、これまた日本のAmazonでも買えるシンディー・ローパーの自伝だけだったんですが。。。

シンディといえば、ですよ。
DSCN1670.jpg
まだやってました、キンキー・ブーツ。全編シンディの曲だけでできているというミュージカル。

結局、行程中1本しか見られないミュージカルは夫の希望で別のものになってしまったので今回は見送り。。というか、、次回までやってるのか?これ??ですが。・・・どうやら縁がなかったです。

IMG_1251.jpg
あと一人で行きたかったのがここですね、本当にニールズヤードというおしゃれ小道にたってる、ニールズヤード・レメディーズ本店♪
さほど大きくない店ですが、ものすんごいいい香りしました。ハーブアロマのいい香り。めっちゃちっちゃいのにめっちゃ上品な店で、ここも店内撮影できる雰囲気じゃなかった(^_^;)

あとは、
IMG_1283.jpg
前々回、探しに探し回って結局見つけられなかったロココチョコレートのマリルボーンハイストリート店です。
前回は、ちょうどこのマリルボーン店がマリルボーンの中で移転したばかりで、その場にある案内看板には店名があるのに、建物には別の店が入っているというとっても悲しい状況でして、けっきょく後日ナイツブリッジ店にいったのですけども。
今回はちゃーんとWIFI借りて行ったので、その場でグーグルマップさんに道案内してもらってたどり着けました。
ロココチョコ、好きなんだよねーーー。

追記
ドーント・ブックス (Daunt Books)の表の写真、もっとわかりやすいのが出てきたので追記です。
これこれ、かっちょええのじゃーー。
IMG_1285.jpg


そして、ドーント・ブックスから次のチャリングクロスにある本屋に向かうために乗ったベーカールーラインだっけか。
このラインが今回一番こ汚かったなぁ、一人だったんで警戒しました。ちょっとロサンゼルスの地下鉄を思わせる汚れ具合でした。
IMG_1288.jpg

category: 管理人の日常

△top

ロンドンレポの途中ではありますが 

 

書き上げるつもりで、書き出したらあれもこれも・・となって結局きりの悪いことに。。。

2月に行ったロンドンレポ書きかけですが

明日早朝からまたロンドンにいってまいります。

なんてぇぜーたくなんだ、、自分。

これにはいろいろとわけなどあるんですが、あす朝3時半起きなんでこれにて。。ドロン・・ロンドン。

category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 2

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その5  行きたかったところといえば 

 

映画ドラマつながりといえばここです!!

前々回からめっちゃ行きたかったのに、ワーナーのハリポタツアーに時間を取られすぎてなくなくカットしてしまったココ!!

DSCN0129.jpg
スピーディーズカフェ♪
言わずと知れた、BBCシャーロック(ベネディクト・カンバーバッヂの)でシャーロックとワトソンが住んでいる設定になっているここですーー。
実際にはここはベイカー街221Bではなくて、187 North Gower Street,ということろになります。地下鉄のユーストンスクエア駅からは徒歩ですぐ。
前々回もワーナー行ったときにユーストン駅で乗り換えだったから、すぐ目と鼻の先までは来てたんですけどねーー、立ち寄る時間まではとれませんでとっても残念だったのでした。
でも、やっとこれたぜ、うぉぉぉぉ。です。

DSCN0166.jpg
そして、こっちが本当の221B
といっても、本が書かれた当時はその番地は実在はしてなかったのですけどね。
今は番地として存在していて、そこが現在は博物館になってます。
前回もこの前は通ったのですけどすごい行列で・・・。そしてこの日も雨が降るにもかかわらずまたものすごい行列だったので、横目で見るだけに・・。
ミュージアム併設のショップがあるはず、という情報だけはしってたものの、現地に行ってもどこがショップ入り口なのかわからず、隣接する本や兼雑貨屋みたいなところに少しだけ置いてあったホームズグッズを購入してお茶をのごして帰ってきたわけですが、
帰宅後によーーーく調べてみると、この写真に写りこんでる、お巡りさんが立ってないほうの右側のドア!!ここを自分で開けて入っていけば、どうやらそこがグッズショップ兼入場券売り場らしい・・・(^_^;)
あーーん、目の前まで来てたのにーーー。ショック・・ということで、ここはリベンジ決定です!!

IMG_1248.jpg
そしてこちらは、forbidden planet。いわゆる、オタクショップであります。
我が家は、シャーロックすき夫婦でもありますが、Dr.Who好きでもあるんです。
で、ほしかったんですよ、ターディスの置物が!!
ターディス
今調べてみれば、実はAmazonでふつうに買えたんですけどね(^_^;)
でもっ、2月の時点では売ってなかったと思う!!きっとなかったと思う!!!

そしてこちらは、キングスクロス駅です。
DSCN0146.jpg
前々回は来たけど、この時はお留守番だったハリポタフリークの次女のために、9と3/4番線グッズを買いに来たのでした。
お約束の、9と3/4幡ホームにある半分壁にめり込んだカートの写真撮影ポイントは、これまた長い行列で・・。行ったのが休みの日だったからか、けっこう子供たちが並んでて、いいとしした夫婦二人で並ぶ勇気が持てず撮影断念です(笑)


category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 0

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その4 

 

前回に続いて、フィッシュアンドチップスといえば!!でもう一軒行ったのが、

シーシェル(The Sea Shell Of Lisson Grove)です。地下鉄、マリルボーン駅から徒歩数分でした。
帰国後に気づいたんですが、月~木のランチ時に行けば、10ポンドで食べられるんですね、フィッシュアンドチップス。
全然知らなくて、行ったのは日曜日だったと思います。その時は16ポンド位したと思います、あとビールもつけたので、一人当たり4000円越えになったランチでした。。とにかくロンドンの外食の高いことったらもう・・(^_^;)

でも、このボリュームです
IMG_1281.jpg
向こうに写ってる夫の身幅から推測してほしいんですが、この皿、めちゃデカいんですよ。そこからはみ出さんばかりのお魚さん。
そして一本一本がかなりごついポテト。レモンと見比べてください。このごつさのポテトも初めてでした。
この大量のポテトになぜにさらにポテチまでついてるのか謎・・・(笑)
でも、お店はきれいだし、おちついて座って食べられるし、味も超旨かったので文句なしです。また行きたい。

category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 2

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その3  

 

今回、どうしても行きたかったところの一つ、パディントン駅~~~
IMG_1246.jpg
なぜなら、
我が家では空前のパディントンブームだったんです。この紳士すぎるクマのおかげで(笑)


かわいい、かわいすぎる。(そして、カリーさんもかわいすぎるよ~~~。)
DSCN0072.jpg

その後、フィッシュアンドチップス専門店へ。
こちらはしょっちゅうテレビに出てくるロックアンドソールプレイスです。
DSCN0096.jpg

よく外のテラス席がテレビに出てますが、お店の中にもお席はあります。この日は寒かったので店内へ。
なんか、とってもカジュアルっぽくてカフェ方式かと思ったので、カウンターで注文しようとしたんですが、
店員さんにテーブルに着くように促されました。
あれだね、カウンターで注文しちゃうとチップとれないからですかね???

IMG_1247.jpg
これで15ポンド、ビールつけてチップも入れて一人当たり3000円は超えてましたが、、、まぁロンドン価格か、仕方ないですね。
味は美味しいですよ、油も臭くないしギトギトしてません。夕飯いらないくらいおなかいっぱいになりました。

category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 2

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その2 初ロンドンアイ 

 

入国審査も別々に並んでスムーズに通過。

DSCN0062.jpg
まずはベンさんにご挨拶。
夜のビッグベン!すっごいきれいです。

そして目の前の橋を渡ってロンドンアイへ。
DSCN0067.jpg
ボケボケ(笑)
ボケてるなりに笑顔でうつってますが、実はこの後ちょっとワタワタしました。
ロンドンアイのチケットは日本からバウチャー買ってたんですが、それも今回は夫が手配してくれてました。
ここで今回初めての英語。「このバウチャーもってんだけど、どこに並んだらええの?」って聞かねば。
で、とりあえずチケット売り場っぽいところで聞いてみたんだけど、これが・・・・・撃沈。
窓口の兄ちゃんがなんて言ってるかさっぱりわからん、、
ここまで聞き取れないと思ってなかったので、かなりへこみました。とりあえず兄ちゃんの身振り手振りで示される方角に行って別の人に聞いてみることに。
そして二人目。。。「このバウチャー持ってますけど、どこにいったらええですか?」
二人目のおねーさん、かなり愛想が悪いです。おねーさんのほうからなんか聞き返されてるんやけどまたしても聞き取れず。。。
おかしいなぁ、バウチャー持ってるのにこんなにたらいまわしにされるはずないんだが。。。。と思いつつ、今度は面倒くさそうに顎で指示された方角へ行ってみます。・・・へこむわ~~~
で、ついた先でわかった!
私らが持ってたロンドンアイのチケット、ロンドンアイエクスペリエンスかなんかって名前の3Dならぬ4D(四次元???なんで???)ショートムービーがセットになったやつだったみたい。夫もよく読まずに決済してたから全然知らなかったんですが、これまでの二人は、ムービーに先に行くかロンドンアイに先に乗るのか、って聞いてきてたんだ(たぶん)
で、そのミニムービー前にいるお兄ちゃんに、「これもってるんです、ムービー観なくていいの、ただ乗りたいの」って言いました。
したら、「OK,これそのままロンドンアイ前の係員に見せなはれ」って教えてくれました。
あーー、よかった、ようやく言ってることわかった(^_^;)
入国審査とか、ある程度向こうがなんて言ってくるか想定できる場面では困らないけど、予想外のこと言われたらまだ全然聞き取れないや・・(´・_・`)

IMG_0514.jpg
この高さから見るベンさん、やっぱり素敵。
IMG_0517.jpg
反対方向を向くと、セントポール大聖堂のまるい屋根(写真中央よりちょっと左上あたりです)
IMG_0533.jpg
到着したてでワタワタしたけど、乗ってよかったよロンドンアイ。ちょっとお高いけどねーーー。
ということで、また次回に続きます。

category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 2

△top

2016年2月 ロンドン2回目 報告その1 

 

本人的にも今更感がありますが、実は今年の2月に2度目のロンドンに行ってました。
あはは、あはあは。報告遅すぎてすみません(^_^;)


1度目はお嬢二人ひきつれてだったんで、どうしても接待というか(笑)お嬢たちの希望や体調とか気にしながらで、しかも初めてだったんで、行きたいところというよりは、有名どころを急ぎ足で回るたびになってしまったんですが、今度は旦那さんと二人で。しかも、旦那さん、前回のロンドンの時よりだいぶ英語上達したんでもう一人で大丈夫、だから今回はおのおの別行動しようよ、って旅になりました。

IMG_1238.jpg
福岡空港です。旅のお供はこの人「行ってくるぜ!」

DSCN1631.jpg
羽田で乗り換え。
ちょっと贅沢なんですが、お子さんの分の旅費が今度は浮くので飛行機は往路もプレミアムエコノミーで。よって出発前にサクララウンジが使えました。シャンパンとサンドイッチ、ただでいただけます。実はカレーもあったんだけど、あまりおなかすいてなくて残念

DSCN1639.jpg
機内では、その時点では日本未公開の「Mr.ホームズ」みれてホクホク♪
劇場行き損ねてた、「UNCLE」と「007」、あと2回も見た「マイインターン」を再度見たりしてる間に、あっという間の12時間。

見えてきました!

DSCN1652.jpg
DSCN1658.jpg
来たぞ、イギリス~~~~

DSCN0057.jpg
ヒースローのこのお兄さんもご健在。久しぶりだね~~~~~~。



久々すぎる報告なのに、到着前までで第一弾が終わりってどうなのよ、と自分ツッコミしつつ、次回に続きます。

category: 管理人の日常

tb: 0   cm: 6

△top

報告してなかった・・・英検、そしてTOEIC 

 

自分の中ではすっかりご報告済みのつもりでしたが、記事遡ったら報告出来てなかった。
ツイッターとかではつぶやいてたのですが・・(^_^;)

ジェイクにはまって、彼が日本であまり知られてない、日本未発売物の出演作のほうが多い役者さんだったことから、なんとなくはじめてしまった英語学習
2015年の目標は(・・って、2016年も半分すぎようとしている今頃言い出すのもどうなんだ・・・)「できればTOEIC800点」と「英検準1級」でした。
「できれば」がついてることからもわかるとおり、いくらなんでもそこは無理だろうと思いながらの設定ではあったんですが、
英検は7月の受験で準1級合格!!
TOEICは11月の受験でとりましたよ、ちょーーーーど800点。

(^-^)/

とってみて思うのは、やっぱり

英検準1級もTOEIC800も、やっぱまだまだなんだなーーーーということ。

いわゆる「上級者」ってのは英検なら1級、TOEICは860以上を指すようなんで(これもよくわかってない)
さすがに英検1級は素人がどうがんばってもたどり着けるわけないのは私にもわかるんで、次目指すべきはTOEICの860なんですが、私の中で、800と900の違いは歴然としても、800と860の差がいまいちピンと来なくて。
今以上を目指す動機が見当たらなくて、なによりこれ以上伸びる気もしなくて、英検もTOEICも今時点では、ここで打ち止めかな、と思っています。

ということで
「youtubeでみつけたジェイクの動画で、ジェイクが言ってることが、なんとなくでいいからわかるようになりたい!」
という動機で始めた英語学習、
5年間の成果、英検準1級とTOEIC800というところで、私の中では一区切りです。

この先は、点数とか何級とかじゃなく、「使える英語」を目指していきたいなぁ、なんてことを漠然と思いつつ、じゃぁそれに対してどんなアプローチをしようかというところまでは決めきれていません。

category: いい年しての初級英語

△top